カテゴリー「Njゲージ」の記事

2019年8月 3日 (土)

増殖中!!

暑い日が続いてます(≧▽≦)
最高気温が昨日は38℃、今日も37℃でした。
そんな暑い日は、冷房の効いた部屋で模型を作っているのがナニよりの幸せです。
で、Njゲージ(6.5mm)に改軌した車両が増殖してます。

190803
↑知らんウチに増えてきてます(笑)。

国鉄ローカル線を再現するには必要十分な数になったと思うのですが、できればジーゼル機関車をもう1両、無動力ではないマトモに走るヤツが欲しいトコです。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

ユーレイを作ってみた

今日は幽霊の日らしいです(≧▽≦)
そんなワケでユーレイを作ってみました。
一般に鉄道模型で言う「ユーレイ」とは、実車は動力が無く自走できないのに、模型では動力を仕込んで自走できるようにした車両で、補助動力車として使用したりします。
TOMIXのカニ24なんかで製品化されてますが。
190726-1
↑後ろのマニ61がユーレイ。後ろなので背後霊か(笑)。

動力の無いDE10を走らせるために作りました。
KATOのマニ61の下回りをそっくりKATOの旧国の動力ユニットと交換し、6.5mmゲージに改軌しました。

続きを読む "ユーレイを作ってみた"

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

マイクロエースのDE10

動力ユニットを他へ持って行かれたDE10です(≧▽≦)
どーせ自走できないのならと、Njゲージへ改軌です。
190724-3
↑ウェザリングでシブくきめました(汗)。

ダイカストブロックを丸ごと撤去してプラ板で床板を新造して、ネジで台車を止めてあります。
動力ユニットを仕込んだユーレイ客車に連結されて走ります。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

Njゲージの車種追加

まだやってます、Njゲージ化(≧▽≦)
今回は3両作ってみました。

190715-1
↑後ろの2両は気にしないで下さい(笑)。

学研のキハ55とキハ28、KATOのキハ58修学旅行用タイプ(動力車)の3両です。
いずれも後発の素晴らしい製品が発売されているモノです。
遊ぶ機会も減ってしまったので、ちゃんと遊べるようにします(汗)。

190715-2
↑一部は未塗装です。

学研の2両はKATOの中空軸の車輪を使用して改軌しました。
諸々の理由でカプラーポケットを切断してしまったので、手持ちのマグネ・マティックカプラーに交換しました。
ついでにキハ58は正面がスカスカな感じがするのでGMの客車のキットから元空気溜を持ってきました。
キハ28はプラ棒を使ってスカートの高さを詰めると俄然男前になりました。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

君は首都圏色

久しブリにNjゲージです(≧▽≦)
今回は国鉄のジーゼルカーですが。
190714-1
↑キハ10です。

首都圏色のキハ10を改軌しました。
他メーカーから素晴らしい製品が発売され、見向きもされなくなった津川のキハ10です。
まさか捨てるワケにも行かず、今回の犠牲改造タネ車に選ばれました。

190714-2
↑9mm(左)と6.5mm(右)の差。

Nゲージではいたるところがオーバースケールなので、軌間だけ狭めてもアレですが(汗)、でもやっぱり狭軌感がイイです。

190714-3
↑狭軌(左)と標準軌?(右)。

元々この製品は台車がステップに当たってカーブが曲がれませんでしたが、6.5mmに改軌する際に台車も中央から唐竹割りにして幅を詰めてみたところ、少しでも旋廻する余裕ができたのでカーブを曲がるコトができるようになりました。
コレと連結させる動力車を調達中です。

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

壱弐会、秋の運転会開催

鉄道模型サークル『壱弐会』の運転会でした(≧▽≦)
昨日と今日の2日間の開催でした。

170902_1
↑設置完了。

σ(^^;)は仕事が休めず、昨日だけの参加でしたが。

170902_2
↑軽便鉄道と新幹線。

完成したばかりのナローレイアウトもお披露目できました。

170902_3
↑KATOのクモハ12。

ついでに(←何のついでよ)KATOのクモハ12にグレードアップパーツの手摺とATS車上子を取り付けましたが、穴を開けるのが相当メンド臭いです。
Nゲージみたいに一体成型でもいいかなぁ…。
いつも通り濃い話で盛り上がり、ホントに楽しかったです。
皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ワールド工芸 クモヤ22001

ワールド工芸のプラキットです(≧▽≦)
有名(?)なクモヤ22001のコンテナ輸送試験車か配給車の2タイプのどちらかを選択して作るキットです。

160727_1
↑コレで1両分です。

全く同じランナーが2枚と、1両分の動力ユニットとまいっちんぐエッチングパーツが入ってます。
くどいようですが、1両しか作れません。

160727_2
↑コンテナ輸送試験車の設計図。

不要部品が大量にあります(赤の×印が不要部品)。
重ねて言いますが、1両しか作れません。
でも、どう考えても2両作れそうな気がしてなりません(笑)。
そこで決して疑うワケではありませんが、試しに不要部品だけを使って組み立ててみました。

160727_3
↑ちゃんと形になってますけど…。

台車とライトのレンズ、窓ガラスが足りません(パンタは別売りです)。
自走に拘らなければ、それらのパーツを集めれば(簡単に揃います)、ちゃんと完成しそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

GM 帝都高速度交通営団6000系キットを作る その1

大昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今回は、グリーンマックスの営団6000系のキットです。
今でもクロスポイントブランドでたまに生産されてますが、σ(^^;)のキットは相当古い床下機器がダイカストのヤツです。
最近になってやっとフル編成10両分のキットが揃ったので、製作に着手しました。
もちろん、説明書に忠実に製作を進めたいと思います。

160723
↑10両揃いました。

もう車体はハコになってますが(汗)。
今日の午前中でココまで出来ました。
製作に必要なパーツも集めました。
台車は指定通りのDT46(X)で、201系の試作車の台車ですが、既に絶版です。
で、ストックしてあるパーツが丁度ありましたので、9両分使用します。
さらに動力ユニットはエンドウの201系用を指定してありましたので、コレもストック品を使います。
パンタグラフは荷電にも使った金属製の古いヤツが指定されてますが、コレだけは手持ちが無かったので、関水金属のPS16を使用します。

この後、細かい部品の取り付けと塗装が待ってますが、いつ完成するのか、誰にもわかりません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

関水金属 EF70

昔の9ミリゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
KATOでは新しいEF70の製品化がアナウンスされてますが、ウチには「沢山の」昔のEF70(ほとんど全てのカマが『27号機』です)があります。

160605
↑とりあえず、2種類。

大昔の朱色のヤツから、選択式ナンバーのモノまで各種ありますが。
手前の1006号機は製品のままのスカートがEF65用でカッコ悪いので、台車モロともチョー古いジャンク品のスカートに交換してあります。

160605_2
↑「日本海」をイメージしてます。

コレまた古い20系と共にケースに入れてあります。
持っているモノで一番古いのはもう40年前の製品ですが、エラいモンで全て快調に走ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

結婚20周年

そう、20年もよくガマンしました、ヨメはん(≧▽≦)
そんなワケで、一時帰国しているチビ1号のリクエストでくずはモールへ行きました。

160518_1
↑今日の3000系。

『かつくら』で昼食です。

160518_2
↑いつものメニューですが。

テストが終ってヒマそうなチビ2号も連れて、4人で昼食を食べました。
買い物をした後は、ウチに帰って夕食の支度です。
献立はコレもチビ1号のリクエストで、鮎の塩焼き・茄子の揚げ浸し・ほうれん草のおひたし・味噌汁・御飯という純和食を作りました。

続きを読む "結婚20周年"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧