カテゴリー「電気機関車」の記事

2018年9月 5日 (水)

台風一過のEF63

やっと台風21号が通り過ぎました(≧▽≦)
幸い直撃を受けながらも被害も無く、仕事も休みだったので自宅警備員として職責を全うしました(汗)。
そんなワケで昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです。
乗工社のパーツを使ったEF63ですが。
塗装も済みました。

180905_1
↑EF63にみえる?

KATOのEF63のジャンパー栓のパーツを取り付けてみました。
車番はインレタを使って、実車は事故廃車になってしまった5号機にしました。

180905_2
↑正面。

ジャンパーがあると俄然EF63らしくなりました。
ホントはもう1両あった方がEF63らしいのですが、流石にパーツがありません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

EF63改造パーツ

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
EF63を作ってます。
今ではKATOやTOMIXから素晴らしい製品が発売されていますが、それとは違います。

180825_1
↑PLAY MODEL ’79 SUMMERより。

乗工社の改造用パーツを使ったモノです。
コンセプトはED76と似たようなものですが、こちらは今で言うコンバージョンキットなので、説明書通りに作れば完成します。
実際のEF63に似ているかどうかは別にして・・・。

180825_2
↑製作中。

関水金属のEF65初期製品(下回りがEF70そのまんまのヤツ)が種車です。
側面の明かり窓のHゴムを削り落として平面にしたら、まいっちんぐエッチングパーツを貼り付けます。
正面は飾り帯を削り落としてからホワイトメタル製の貫通扉を接着します。
何とかEF63に見えてきたので、ついでに(何のついでよ?)避雷器を移設して、TOMIXのEF66用ホイッスルと信号炎管も取り付けてみました。
テールライトは穴を開けて、KATOのEF66用テールライトレンズをハメ込みました。
パーツはいずれも塗装後に取付けます。
その塗装がいつになるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

車種の不足をなげくより自分で生み出せ!

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
TMS特別増刊号PLAY MODEL ’78 SUMMERに掲載されていた記事ですが。

180822_1
↑挑戦的なフレーズ。

当時σ(^^;)は中学生でしたが、この記事を読んでED76が作りたくなりました。
当然中間台車のセミスクラッチなどできるハズも無く(近所の行き付けの文房具屋にはプラ板なんか売ってないし)、コキ10000のTR203台車を加工して中間台車を作り、EF70をED76に「変身」させました。
その後TOMIXのDD51の中間台車に交換して遊んでましたが、いつか忘れ去られました・・・。
それから40年、久しブリに取り出してみて、ちゃんと作ってやりたくなりました。
中間台車はチョー古いDD51のヤツをそのまま流用するコトにして、記事通りの寸法にプラ角棒とプラ板を使って水タンクを作りました。
但し、このDD51の中間台車は少し大きめに作られているらしく、床下機器は相当タイトです。
ついでに補強も兼ねて、送水パイプをφ0.7真鍮線で再現しました。

続きを読む "車種の不足をなげくより自分で生み出せ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

TOMIXのED61、但し赤

TOMIXのED61ですが(≧▽≦)
Nゲージ鉄道模型ファーストセットに入っているED61です。
この赤いED61が欲しくて、入門用のファーストセットを買いました(←アホ)。

180818_1
↑初代ED61との並び。

ファーストセットの中身はパワーユニットや手動ポイント、貨車などがセットされているので、買ってきてスグに遊べそうです。
しかし難物はこの赤い機関車です。
選択式ナンバー、ホイッスルカバーや信号炎管はユーザーが取り付けます。
ナンバーは何とかなってもホイッスルカバーや信号炎管は冶具を使わなければ取付が難しく、その冶具もパンタグラフが邪魔になって、一旦パンタを取り外さなければ使えません。
入門用としてはどうかと思います。
あ、鉄道模型に入門するためのハードルの高さを思い知らせるにはイイかも(-_-X)。

続きを読む "TOMIXのED61、但し赤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

大糸線風の旧国、塗ってみた

スカイブルーの旧国ですが(≧▽≦)
PLAY MODELの記事の通りに作ってます。
実際にこんな編成が走っていたのかはわかりませんが、雰囲気を楽しんでます。
まぁ、中学生時代にエアブラシを持っていたら、こんな風に作ったでしょう(笑)。

180716
↑ブルー。

青22号で塗りましたが、あまりにも塗料が古かったので、トロロ芋状を通り越してカッチカチになってました(泣)。
薄め液で復活させたのですが、4両分を塗るだけの量がなかったので、買い足しました。
ところがいつもの唯一関西資本の量販店の通販ではGMカラーの青22号の在庫がなくて困りました。
他社の塗料で青22号と検索してもヒットしません。
でも確か「F MODEL」から発売されていたハズと検索してみたら、青「色」22号という商品名でした。
早速注文して手元に届きましたが、GMカラーより少し濁ったような色です。
旧国にはこちらの色が似合うと思うのですがσ(^^;)はGMカラーの青22号が好きです。
ちなみにクモハ41のみGMカラーを使用しました。
完成まで、あと少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

コンテナ特急 ミニ『たから号』、その後…。

ちょっと前から集めていたコンテナ貨車です(≧▽≦)

180130_11
↑揃ってきた。

貨車が増えたので、機関車も重連にすべく増備してみました。

180130_12
↑違和感ナシ(笑)。

元々EH10は2車体永久連結なので、重連にしても不自然ではありません。
連結方向をパンタが内側になるようにすれば、試作車みたいになってカッコいいかも。


続きを読む "コンテナ特急 ミニ『たから号』、その後…。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

コンテナ特急 ミニ『たから号』

コンテナ特急です(≧▽≦)

171011
↑全車2軸ですが。

BトレのEB10(EH10のショーティー)とその昔限定生産された関水金属の緑色のヨ6000(ホントの『たから号』はヨ5000)を発掘しました。
もちろんコンテナ貨車を牽かせるのですが、機関車が2軸なので、貨車も2軸にします。
大昔のトミーナインスケールのコム1が台枠が茶色でチキ5000のショーティーみたいなので(チキは茶色ではなくて赤3号ですが)それらを集めてみました。
「フル編成」にはまだまだ遠いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

KATO EF70 1000

スゴい出来栄えです、EF70(≧▽≦)

161012
↑イメージは寝台特急日本海。

大昔のEF70と比べるのはヤボですが、特に屋根上のディテールは秀逸です。
ついでにナハネフ20の部品を注文して、組み立てました。
既存の20系と連結して日本海を再現できます。

続きを読む "KATO EF70 1000"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

関水金属 EF70

昔の9ミリゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
KATOでは新しいEF70の製品化がアナウンスされてますが、ウチには「沢山の」昔のEF70(ほとんど全てのカマが『27号機』です)があります。

160605
↑とりあえず、2種類。

大昔の朱色のヤツから、選択式ナンバーのモノまで各種ありますが。
手前の1006号機は製品のままのスカートがEF65用でカッコ悪いので、台車モロともチョー古いジャンク品のスカートに交換してあります。

160605_2
↑「日本海」をイメージしてます。

コレまた古い20系と共にケースに入れてあります。
持っているモノで一番古いのはもう40年前の製品ですが、エラいモンで全て快調に走ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

壱弐会 2015秋の大運転会

今日は鉄道模型サークル『壱弐会』の運転会でした(≧▽≦)

150905_1
↑レイアウト組立中。

いつものようにNゲージ(奥)と16番(手前)です。
ホントは2日間開催ですが、σ(^^;)は仕事の都合で1日だけの参加です。

150905_2
↑EF59の4重連。

そんなワケで持ち物もショボく、まずはコレ以外に遊びようのない(笑)EF59です。

150905_3
↑103系。

横浜線風の103系です。
その他ちょっとだけの参加でしたが、いつものように「濃い話」で盛り上がりました。
次回は是非フル参加したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)