カテゴリー「プラモデル」の記事

2017年11月14日 (火)

特設航空母艦 冲鷹

作ってます、つんどくキット(≧▽≦)
今度はアオシマの特設航空母艦「冲鷹」です。
当時のアオシマのウォーターラインシリーズのスタンダードと言うべき、困ったちゃんキットです(笑)。
インストと箱絵と塗装用の平面図が全て違います。 
もちろん期待に違わず、組めばスキマだらけになります(泣)。
それでも組みました。
とにかく隙間と言う隙間にタミヤパテを擦り込んで、生乾きのウチにうすめ液をつけた綿棒で余分なパテを拭き取るという作業をひたすら続けました。
コレで隙間は何とかなりました。

171114
↑何とかなりそう?

主に塗装用の平面図を参考にして、高角砲と機銃の数を勝手に決定しました。
12.7cm連装高角砲4基8門と25mm三連装機銃10基30門です(どうやら三連装機銃はもっと沢山あったようですが)。
インストや箱絵より機銃の数が相当少なくなってしまい、パーツが余ってしまいます。
単装高角砲は使いません。
右舷煙突より後方の機銃と高角砲はシールド付きですので、ピットロードのパーツを使いました。
シールド無しの機銃はウォーターライン組合パーツ(?)です。
プロムナードデッキ跡と思われる通路をt0.5プラ板の帯で再現してみました。
もう少し頑張ります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

30センチシリーズ 戦艦 榛名

今日も雨です(≧▽≦)
塗装作業などやり残しているコトができません…。
そこで、殊勝な心掛けでつんどくプラモデルを「消費」するコトにしました。
製作するのはハセガワのウォーターラインシリーズとニチモの30センチシリーズの戦艦「榛名」のキットをニコイチします。
以前から榛名のキットはこのニコイチをするのが正しい作り方と言われています(笑)。
早速作りはじめました。
船体を見てみるとハセガワのキットはスケール通りでスッキリと仕上がってますが、ニチモのキットの船体の方が特に甲板がディテールフルで(若干クドい)カッコイイです。
本来はハセガワの船体にニチモの構造物というのがポピュラーな作り方のはずですが、今回は主にニチモのキットを使い、細かいパーツをハセガワから流用するという、フツーとは逆の発想で作ってみます。

171028_1
↑ハセガワの船体(奥)とニチモ30cmシリーズ(手前)。

ニチモのキットは30cmシリーズと言うだけあって、ハセガワの船体よりたっぷり15mmは短いです。
でも寸詰まりというほどでもなさそうで、ちゃんとアレンジが効いてます。
特に前檣楼は出色の出来栄えです。
3本のマストを組み合わせながら組み立てて行きます。

171028_2
↑複雑な構造を見事に再現してます。

ニチモのキットは相当古いキットですが、この出来栄えです。
当時の設計者には頭が下がります。
大きいお友達にしか作れなさそうですが、基本は水に浮かべて走らせるモノです。
ニチモの30cmシリーズ、あなどりがたし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

ガラクタ集めて・・・。

ジャンク品を集めてみました(≧▽≦)

171021
↑なんか作れそう(笑)。

大昔のモーターや台車、アリイのプラモデルのクハ481など。
天気が悪くて塗装が出来ず、工作が滞っているとロクなコトを考えません(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

アリイ 1/50 C62のプラモデルをチョットだけ

アリイのプラモデルです(≧▽≦)
その昔オオタキから発売されていたモノですが、金型がアリイに移って今でも入手可能なのは嬉しいです。

170930
↑まだコレだけ。

老眼遠視が進んでいるので、少し大きめのキットに挑戦です。
Nゲージは1/150、猫屋線は1/80で、このキットは1/50です。
そのウチ1/1になってしまわないかと心配ですが。
取り敢えず「素組み」でどれだけ出来るかというより、歪みなくちゃんと作ることができるのかが課題です。
一応ランボードも何とか一直線に組み立てられました。
配管を作り直したりとかは一切してません。
省略されていたデフの手摺と、工作中に折れた加減弁引棒だけは真鍮線にしました。
メッキされたパーツはキッチンハ○ターに浸してメッキを剥ぎました。
丁寧に組み立てれば、実車と同じくちゃんと動輪が回ります。
気が向けばまた続きを作ります。
完成するかは誰にもわかりません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

TAMIYA 電動ハンディリューター

タミヤのクラフトツールシリーズです(≧▽≦)

160430_1
↑使用した部品等。

完全に「プラモデル」です。
ヨメはん曰く「工具まで組立てるんかいな、完成品買いィな」。
この「作る楽しみいっぱい!」がイイんです(汗)。

160430_2
↑中身。

ミニ四駆を作ることができる程度の科学力と体力があれば、すぐに完成します。
とりあえずモーターはトルクのある「トルクチューンモーター」と、プラベアリングはボールベアリングに交換しました。

160430_3
↑ほぼ完成。

オレンジのギアがシャーシに当たったりするといったようなレポートも見受けられますが、そんなコトもなく快調に動作します。
ただ、付属のビットは歪んでいて使い物にならないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

鉄道ホビダス 大井川鐵道きかんしゃトーマス号

大井川鐵道きかんしゃトーマス号(C11) ディスプレイプラキットです(≧▽≦)

151229_1
↑箱は完全にプラモデルのソレです。

機関車だけ入手しました。
客車はGMのキットが大量に「温存」してあるので、それを使う予定です。

151229_2
↑中身、KATOのC11は含まれておりません(笑)。

ディスプレイプラキットと言うだけあってホントにプラキットです(←当たり前)。
NゲージのC11に「被せて使う」には、モールドがアレですが…。
組み立てはプラモデル経験者なら難しくはなさそうですが、動力化するなら強度の確保が必要でしょう。
マーキングもどう上品に表現しても「シール」です。
切り込みとかは一切無くて、切断は自己責任です(個人的にはそのほうがイイと思います)。
贅沢を言えば、カルトグラフ製のデカールが欲しいトコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

1/48スケール 98式AV イングラム

バンダイのプラモデルです(≧▽≦)
本日、「唯一関西資本の量販店」から届きました。
早速「仮組み」を行いました。
2時間ぐらいで形になりましたが、GMの客車のキットに比べて相当メンド臭いです(汗)。

140905_1_2
↑一部、細かい部品が未取付けですが。

う~ん、こんなんだったかなぁ…。
実物大とは何か違います。

140905_2
↑資料はタップリ。

関節のカバーとかが新しい構造です。
ちゃんと塗装して、ウェザリングしたらカッコ良くなると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

九州・四国うまいものと物産展&海洋堂 開業50周年記念祭

京阪百貨店守口店 へ行って来ました(≧▽≦)
お目当ては、九州・四国うまいものと物産展です。

140502_2
↑催事場へ。

いつもはお菓子ばっかり 買いますが、今日は違います(笑)。

140502_3
↑酒のアテばっかり…。

一通りお買い物で満足すると、今度は7Fのギャラリーで開催中の「海洋堂 開業50周年記念祭」を見に行きました。

14050235
↑なかなかの盛況でした。

σ(^^;)は大昔の倉庫のような店舗の時代に、よく行ってました。
ヨメはんも「チョ○エッグ」などで海洋堂の名前を知っていたので、そこそこ楽しめたようです。
楽しんだ後は昼食です。

140502_4
↑いつものように…。

守口へ来るとお約束の「石の庵」 です。
いつも通りお粥をおかわりして、お腹イッパイになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

スーパーカー!

スーパーカー!と言っても、京阪2000系やSKY PerfecTV!ではありません(≧▽≦)。
その昔、爆発的なブームを起こした、あのスーパーカーです。
ちょうど直撃世代のσ(^^;)にとっては、ほとんど「刷り込み」に等しい出来事で、当時はスーパーカー消しゴムなんかを集めてたり、枚方パークへスーパーカーショーを見に行ったりと「標準的な」少年でした(笑)。
当時のスーパーカーの双璧としては、ランボルギーニカウンタックとフェラーリ512BBがありました。
小学校のクラスでも人気を二分して(まぁ、中にはデトマソパンテーラがイイというマニアックなヤツも居ましたが…)ました。
もちろん、「カウンタック派」です。
そんなワケで、積んどくプラモの中にカウンタックのキットが3個ありました。

130715
↑とりあえず、3個だけですが(^^;。

今ならアオシマの素晴らしいキットがありますが、作り易いタミヤのキット(スピード競技用のモーターライズ!!)や相当作り難い(!!)フジミのエンスージアストモデルも捨て難いです。
ホントはデアゴ○ティーニの「週刊 ランボルギーニカウンタック LP500S」が欲しいのですが、お値段(約1,790円×80回)と、そのワリにはドアの開き方が気に入らないとか、置く場所に困るとか、ヨメはんの大反対とかで躊躇しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

ニチモ 1/600 戦艦 大和・武蔵

懐かしいニチモのキットを作り始めました(≧▽≦)
特に理由はありませんが、突然作りたくなりました(笑)。
1/700は老眼遠視ではキツいので1/600のキットですが、何せ昭和時代の古いキットなので、考証がどーのとか舷側の手摺がイヤだとか色々と文句を言う方もおられます。
そーゆー方々は最近発売されたキットとエッチングパーツを使って、お好きなようにしていただければと思います。
高格砲にホントにシールドを被せたり、フルハルでモーターライズに出来たりと、往年のニチモの王道を行くキットです。
大和・武蔵の同型艦2隻同時着工です。
目標は「素組み」というか、キットの良いところも良くないところも受け入れる感じで(笑)。
資料としては、いつものようにニチモ1/700のキットの箱絵です。
マリアナ沖海戦の状態を再現します。

121209_1
↑副砲ですが・・・。

いきなり副砲の砲身の長さが違っています(涙目)。
いわゆる、湯回り不良です。
足りない分は延ばせばイイのですが、最も短い砲身の長さに合わせて切断してしまいました。

121209_2
↑主砲。

主砲は件の箱絵に合わせて、砲身の仰角を変えます。
基本的に「何も足さない、何もひかない」をモットーにしているのですが、シールド無しの機銃だけは、ピットロードのパーツ(1/700ですが、オーバースケールなので丁度いいサイズです)を使いました。

121209_3
↑大和(上)と武蔵(下)。

上部構造物は、次回につづくというコトで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧