カテゴリー「プラモデル」の記事

2019年12月 2日 (月)

アリイ ブルートレイン客車を作る その2

マイクロエースHOゲージ 1/80イージーキットを作ってます(≧▽≦)
今回はオロネ25です。

191202
↑白サフを吹きました。

オシ24のようにモールドされている帯をカッターとペーパーで削り取ってしまいます。
このオロネ25のキットですが、ストレートに組み立てると床下機器が前後左右逆になってしまいます。
取り付けるときは水タンクが通路側床下に来るようにします。
ついでに取り付け位置も1.5mm程度下げるとカッコ良くなります。
さらにどういうワケか妻板にテールライトがモールドされていますが、不要なので削り取ります。

また、車端部床下にエンドウのトイレタンクを取り付けてみました。
カプラーもエンドウのドローバー(発生品)です。
この後、カニ・ハネ・ハネフと続くハズです・・・。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

アリイ ブルートレイン客車を作る その1

禁断の(笑)マイクロエースHOゲージ 1/80 (イージーキット)です(≧▽≦)

191129
↑作り始めてしまいました。

クモヤに気を良くして、またもやプラモデルを作ってます。
今回は24系25型です。
今まで沢山の方が完成させてますが、σ(^^;)も何とか作ってみようと思い立ちました、思い立たんでもイイのに。
特にディテールにこだわるコト無く、楽しく作ります。
色々とうるさいコトを言っていると完成しませんし、うるさく言うならちゃんとした(?)完成品を買うべきです。
と、言い訳をしてますが、ビンボーなので最低限の加工にしておこうというのが本音です(汗)。
早速オシ24を加工しました。
帯のモールドがあまりにも大げさなので、カッターとペーパーで削り取ってしまいました。
ホワイトサフを吹くと、それなりに見られるようになりました。
この後、カニ・ロネ・ハネ・ハネフと続くハズですが・・・。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

ガラクタ集めて、クモヤ191系50番台 完成

HOゲージのフリーの電気試験車が完成しました(≧▽≦)
去年の今頃に製作を思い付いて、今日完成です(汗)。

191008-1
↑やっと完成。

すでに正月過ぎには基本塗装が終わってましたが、スーパークリヤーの完全硬化を待って作業を進めていました。
それにしても車体の塗装をしてから9ヶ月は長過ぎです(反省)。
長く掛かったのは理由がありまして、ただ単にプラモデルを走行可能にするだけでは芸がないので、ちょっとだけ遊んでみました。

続きを読む "ガラクタ集めて、クモヤ191系50番台 完成"

| | コメント (2)

2019年7月 4日 (木)

「二一型、折りたたみ翼だ」

作ってます(≧▽≦)
あくまで零戦と言い切りますが(汗)。

190704
↑また、増えてます・・・。

手前は前回の続きです。
すぐにわかる方は一瞬でわかると思いますが、零戦のキットではありません。
イタレリの1/48テキサンです。
翼端の延長、フィレットの新製、機尾の延長、風防の換装の他にカウリングの改造と脚カバーの新造とかやってます。
後ろのキットはモノグラムのテキサンです。
パイロットは石原裕次郎を予定してます(笑)。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

1/48零戦、まだまだぁ

まだ作ってます、零戦(≧▽≦)
またキットを買ってしまいました。

190626
↑ナニか変ですが。

翼端を切り落とした三二型のようになってますが、後でちゃんと「二一型、折りたたみ翼だ」へ改造します。

今日はコレくらいにしておきます。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

1/48 零式艦上戦闘機二一型 グレーを塗る

やってます、零戦(≧▽≦)
機体の塗装とデカールを貼りました。

190612
↑後ろに4機目のキットが・・・。

零戦の機体の色は色々と言われてきました。
σ(^^;)は明るいグレーで「刷り込まれて」ますが、どうやらホントは違うらしいです。
ガキ子供の頃から信じて疑わなかった明灰白色という色は、「零戦はグレー」というコトを説明(?)するために作られた名称で確実な根拠はナニもないそうです。
で、ちょっと前にはその明灰白色を完全に否定するような薄茶色(『飴色ガカリタルモノ』と表現してますがどう見ても薄茶色)だったと発表されました。
確かに当時の白黒写真を見ると「白に近いライトグレー」ではなさそうなので、明灰白色ではないという意見は尤もです。
でも零戦のキットに件の飴色を塗るとカッコ悪い!!
最近になってその薄茶色というのは下地のプライマーの上に塗ったグレーが劣化して退色し、プライマーの茶色が透けて見えてしまっている状態という結果に落ち着くようです。
やっぱり零戦はグレーでした、安心しました(笑)。
そのグレーですが白と黒を混ぜた単純なグレーらしく、光沢があり明灰白色よりかいくらか暗めのグレーのようです。
そこで思い付いた色が「ねずみ色1号」。
その昔「防空鼠色一号」という呼び名のグレーがあったそうで、それなら鉄道カラーのねずみ色1号を塗ってしまえというコトでGMカラーを塗りました。
下地にマホガニーを吹いたので若干暗い仕上がりになりました。
デカールを貼ってから光沢のスパクリを吹いて、さらに暗い色になったのは誤算でした。
でも太陽光の下では思ったような色になったと自負してます。

続きを読む "1/48 零式艦上戦闘機二一型 グレーを塗る"

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

1/48 零式艦上戦闘機二一型

ヒコーキです(≧▽≦)
突然零戦が作りたくなったのは、いつもの通り(汗)

190603-1
↑上からハセガワ、タミヤ、フジミ。

1/48のキットならハセガワ製品が決定版と言われてますが、3種類のキットを作り比べます。

190603-2
↑左からハセガワ、タミヤ、フジミ。フジミの胴体は明らかに太い・・・。

それぞれ一長一短があります。
ハセガワは流石に最新のキットだけあってプロポーションも素晴らしいのですが、3個の中で胴体の左右貼り合わせに唯一パテを使って隙間を埋めなければなりませんでした。
タミヤは胴体と主翼の接合部に相当な隙間ができます。
フジミはリベットの凸モールドが邪魔ですが、胴体や主翼の接合部がピッタリ合います。
ハセガワのキット1個でタミヤとフジミのキットがセットで買えます。
その一番安いフジミのキットが最も作りやすいのは意外でした(リベットのモールドには気を付けて)。
プロポーションや値段を考えればタミヤのキットが無難ですが、思ったより手が掛かりそうです。

 

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

雪景色のジオラマを作る

小型のジオラマを作りました(≧▽≦)
3日で完成させました。
190415-1
↑E5系と雪景色。

サイズがA5の更に半分というコトで、はがき大の大きさしかありません。
3日で完成できるワケです。
線路は古いミニトリックス製品です。
ベースに青い紙粘土で雪の形を表現してから、エアブラシでホワイトを吹きました。
紙粘土の青色が透けて、寒い感じの雪の質感が再現できたと思います。

190415-2
↑パンタは交換しました。

E5系のパンタグラフはKATO製品に交換しました。
背景はテキトーな雪景色を光沢はがきに印刷して貼り付けました。
小さなモノですが、完成できてよかったです。

続きを読む "雪景色のジオラマを作る"

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

「連邦軍のたった1機のモビルスーツのために・・・。」

また、ガンダムです(≧▽≦)
HGBDベースガンダムとHGUCガンダムです。

190316
↑ニコイチではありません(笑)。

2個のキットをテキトーに「混ぜて」組み立てました。
塗装をしたいのですが、Nゲージの仕掛品がたまってきているので、そちらを何とかしたいです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

『コア・ファイター、コンビネーションGO! ガンダム、イン!』

U.C.ハードグラフシリーズのコア・ファイターです(≧▽≦)
1/35なので作り甲斐があります(汗)。

190222
↑仮組みです。

接着剤も使わずにあっという間に組み立ててしまいました。
オープニングのアムロが乗り込んでカタパルトで発艦するシーンをイメージしてます。
勿論この後は『コア・ファイター、コンビネーションGO! ガンダム、イン!』となりますので、変形に支障のある後付けのミサイルパイロンは省略してあります。
ムダに表面の彫刻がスゴいです。
ちゃんと塗装してスミ入れすれば素晴らしい出来栄えになりそうですが(って、いつ完成するん!?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧