カテゴリー「鉄道模型」の記事

2017年7月16日 (日)

アルモデル 協三10トンDL 完成ヽ(´▽`)/

色々とやってました、アルモデルのキットですが(≧▽≦)
残っていた作業をやっつけます(笑)。

170716_1
↑動力ユニットの取り付けと補重。

窓ガラスはt0.3のポリカーボネイト板を使用しました。
平面性や強度(傷に強い)に優れていますが接着剤が効き難いので、取り付けにはゴム系接着剤を使いました。
動力ユニットはアルモデル指定の「アルパワー16A」を使用、ネジで簡単に取り付けられます。
ボンネット内部には
無蓋貨車で使用した鉛テープを使って補重しておきました。
コレでも
コッペルに比べてまだまだ軽いのですが。

続きを読む "アルモデル 協三10トンDL 完成ヽ(´▽`)/"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

アルモデル 協三10トンDL もうちょっと

やっとります、アルモデルのキットです(≧▽≦)
朝から塗装作業です。

170715
↑塗った。

尾小屋鉄道の旧塗装風に塗りました。
車体はシャインレッド、タン、キャラクターイエローの塗り分けで下回りがつや消し黒です。
相変わらずハデに(?)ウェザリングをしました。
こんなちっちゃい機関車を塗装するのに一日仕事です。
まだ窓ガラスとカプラーの取り付けが残ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

アルモデル 協三10トンDL その後

引き続きアルモデルのキットです(≧▽≦)

170708
↑今日は下地までで許しといてやろ(笑)。

久しブリにハンダ付けをしましたが、コレがまぁ下手クソ(泣)。
イチビって手摺なんか付けるので、余計に下手クソが露呈しました。
ハンダ付けしてるより、キサゲをしている時間の方が長かったかも。
猫屋線の客車を牽引させるなら、ディテールのバランスから言って、手摺は省略してもイイでしょう。
あ、でもデッキのつかみ棒(エコーモデル製)を是非とも取り付けたかったので、何とも…。
何とかハンダ付けを終えて、ワイヤーブラシで磨いて、クレンザー→中性洗剤で洗浄、乾燥させた後にミッチャクロンを吹いて、更にタミヤのサフを吹きました。
よく乾燥させてから、後日色を塗ります。
何色がいいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

アルモデル 協三10トンDL

アルモデルのナローのジーゼル機関車です(≧▽≦)
キットはL形のDLですが、せっかくオマケパーツが付いているので、センターキャブ化します。

170705
↑まだ仮組ですが。

片方のボンネットを切断して(切断しなくてもセンターキャブ化できます)オマケのボンネットを取り付けました。
あとでφ0.4真鍮線で手摺を取り付けるため、予めボンネットとキャブにはφ0.5の穴を開けました。
裏にポンチマークがあるので、楽チンです。
ヒマな時にハンダ付け大会です(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

貨物列車完成

やってました、ナローの貨物列車ですが(≧▽≦)
どうにか完成しました。

170629_1
↑シブいです。

津川の貨車は塗装後にエアブラシでウェザリングを施しました。
ワフの後部標識はTOMIXのNゲージの機関車に付いている、ブルトレのヘッドマークの台座です。
ミッチャクロンを吹いてからモンザレッドで塗りました。

170629_2
↑右側運転台です。。

SLの機関士は塗装して、やっと乗務させました。
スミ入れをして、つや消しのトップコートを吹くとリアルになりました。
早く
レイアウトを何とかしたいです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

エーダイ リアルタイプDD54タイプ

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今日は何両か持っているエーダイ(その後学研)から発売されていたDD54タイプで遊んでみました。

1706262
↑ウェザリングが効いてます。

もちろんスケール通りの長さにしようとかは全く思ってません。
ウェザリングをすればジーゼル機関車らしくなりそうです。
そこでTMS増刊PLAY MODEL’80冬の号(古っ!!)を参考に加工しました。
車体は塗装をうすめ液で剥いで、つや消し黒(床下)→ねずみ色1号(スカート、屋根、車体のジョイント)→朱色4号(車体)の順に塗装後、更につや消し黒でウェザリングをしました。

170626
↑中間台車はありません。

台車は
以前の加工で余っていたED75のモノを使用しました。
製品の台車(EF65PF用)よりもED75の台車の方が枕バネの形状がそれらしいからですが、その枕バネ以外の台車枠を切断後、輪芯をミッチャクロン→つや消し黒で塗りました。
ナンバーは削り取ってしまい、TOMIXのDD54の余りの9号機のナンバーをヤスリで超薄々攻撃(笑)をしてからゴム系接着剤で貼り付けました。
エーダイのDD54は何故かナンバーが「DD5409」となっているので、9号機にしました。
ホイッスルはストック品のTOMIXの電機用、カプラーもコレまたストック品のKATOのEF66用ナックルカプラーに交換しました。
格段にカッコ良くなったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

TOMIX485系1000番台

HGではありません(≧▽≦)
旧製品の最後期の製品です。

170620_1
↑特急「いなほ」。

レイアウトにR216というカーブが存在するので、ボディマウントのカプラーを装備した車両は走行不可能です。
それでも485系を走らせたいので、昔から持っていた物と合わせてやっと8両編成を揃えました。
特にサシ481は絶版になってから久しく入手困難でしたが、たまたま立ち寄った中古ショップで500円で売っていたので即ゲットしました。
ヘッドマークは上越線を走っていた「いなほ」に決定、カプラーのカバーはHGの485系の余り部品を削って小さくしたモノです。
また、JNRマークが印刷されてなかったので、コレもHGのインレタを使用しました。

続きを読む "TOMIX485系1000番台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

コッペルが来た!

ROCOのCタンクを加工しました(≧▽≦)
と言っても、塗装変更が主ですが。

1706172
↑コッペルです。

ナローの蒸気機関車と言えばやっぱり「コッペル」が一番に思い浮かびますので、コッペル風に見えるようにしてみました。
グリーンの塗装がオシャレだったのですが、うすめ液を使って塗装をはがした後、Mr.カラーのセミグロスブラックをエアブラシで吹きました。
キャブの屋根に付いていたベルをNゲージの蒸気機関車用の汽笛に変更しました。
銘板はトーマモデルワークスの「頸城2号機用コッペル銘板」を使用したので、自動的に2号機となってしまいましたが…。
続く客車(?)は津川洋行の「ナロー客車板張りタイプ」を塗装したモノです。
レタリング等がまだですが、小さなSLとはベストまいっちんぐマッチングだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

ROCO Cタンク

ナローゲージの蒸気機関車です(≧▽≦)

170614
↑ちっちゃい。

ROCO製の相当古い中古品ですが、格安で入手しました。
ロッドが簡略化されてますが、メンテナンスには有利です。
ギヤのホコリを除去してオイルを差すと、スローがきいたイイ走りとなりました。
ついでにカプラーもアーノルトに変更しました。
今後、軽いディテーリングのうえ、塗装をしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

パーラーカーの屋根

残っていたパーラーカーの屋根です(≧▽≦)

170607
↑やっとここまで…。

カタログの写真を睨みながら(笑)工作をします。
冷房のダクトの取り付けは、レッドアローの無線アンテナの取り付け穴に合わせているようなので、クーラーの配置も自ずと決まります。
ディテールフルな屋根の工作は楽しいですヽ(´▽`)/。
無線アンテナとスカートの取り付けは、真鍮線で補強しました。
この後は塗装ですが、天候待ちです。
っていうか、ナニ色塗ったらイイのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧