カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2017年1月14日 (土)

昭和40年男 2017年2月号

このような雑誌があるとは知りませんでした(≧▽≦)

170114
↑はじめて買いました。

誌名からしてストレートすぎる『昭和40年男 Born in 1965』というのですから、恐れ入ります(汗)。
今回はたまたまSFを特集していたので買いました。
内容はというと、当然といえば当然ですがSF好きな50オヤヂ涙モノで、宇宙戦艦ヤマトは言うに及ばず、円谷作品、サンダーバード、スターウォーズ(もちろんEP4!)やその他、ランボルギーニカウンタックやミクロマン、畑中葉子(!!)までもが掲載され、イヤでも当時のコトが思い出されます(笑)。
50オヤヂの皆様、是非御一読を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

昨日のレイトショーで観てきました(≧▽≦)
空いていたので、ゆっくりと観られました。

P1070658
↑パンフレット。

ネタバレになるので感想は割愛しますが、一つだけコメントを。
レイア姫(将軍)のキャリー・フィッシャーが「フツーのお婆さん」になってました(泣)。
映画なのですから、実年齢より若く作ってみてもイイのでは?
何かジブリ作品に出てくる優しいお婆さんみたいでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

大いなる驀進

DVDが届きました(≧▽≦)

140110
↑昭和の雰囲気イッパイ。

特急「さくら」を舞台とした映画ですが。
かなり昔にテレビで放送したのをビデオに録画して、テープがスリ切れるほど繰り返して見てました。
でもビデオデッキが無くなってしまってからは、相当ご無沙汰です(汗)。
今回、やっとDVDを入手できました。
2012年に発売されていたのを知らなかったモノで、今日久しブリにみました。
まぁ、「偏った鉄道好き」の目線からの話は別として、国鉄が撮影に協力しただけあって「ホンモノ感」があります。
特に20系客車の車内が細かく映っているのが嬉しいです。
その後の映画は、新幹線が大爆破されたり、同じく14系の「さくら」も爆破されたりとの理由で国鉄の協力が得られなくなったので、貴重な作品だと思います。
スゴく若い佐久間良子にも感動しましたが(笑)。

続きを読む "大いなる驀進"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

「なんて趣味的な…」

ATCに行って来ました(≧▽≦)
ATCと言っても、自動列車制御装置(Automatic Train Control)ではありません。
大阪市住之江区咲洲にある大規模複合施設、アジア太平洋トレードセンター(Asia & Pacific Trade Center)です。

140807_1
↑着きました。

こんな大阪の埋立地の果てまで来た理由はと言うと…。

140807_2
↑コレ。

やっぱり「埋立地」と言えば、特車2課でしょう(^^;。

140807_3
↑フェリーターミナルのすぐ横です。

おぉ、「本物のイングラム」が置いてある!!

140807_4
↑トレーラーに寝かされてます。

舐めるように撮影します(汗)。

140807_5
↑トレーラー。

大阪に警視庁のトレーラー、しかもベンツ製。

140807_6
↑どアップ(^o^)。

で、いつまでも寝てません。

↑おぉ!!

想像していたより、意外に「アッサリと」起き上がりました(笑)。

140807_8_2
↑カッコいい。

140807_7
↑ビルをバックに。

何だかんだと1時間、炎天下で堪能しました。
あまりに暑いので、冷房の効いた地下鉄に避難、次の行き先は大阪港駅です。

続きを読む "「なんて趣味的な…」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

永遠の0

ヨメはんと映画を観に行きました(≧▽≦)
『永遠の0』ですが、ヨメはんはイマイチ乗り気がしない感じでした(汗)。
岡田くんが『超ひらパー兄さん』のよしみで観にいったような(意味不明)。

140207
↑パンフレット。

内容については、「相当頑張って」作ってあります。
元々フィクションですので、σ(^^;)がとやかく言うコトはありませんが、CGの「赤城」と「零戦」は良かったです。
チビ1号からは、「どーせ父ちゃんはフツーの人と見るトコが違うしな」というお言葉を頂戴しました。
ヨメはんもテキトーに楽しんだようです。
赤城への着艦シーンについて訊かれたので、解説しましたが(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

東宝・新東宝 戦争映画DVDコレクション

DeAGOSTINIのパートワークです(≧▽≦)
今回は、戦争映画のコレクションです。
創刊号だけはいつもの通りお値段が安いので、買ってみました。

140121_4
↑連合艦隊。

1981年公開の作品です。
CGの使用など想像もつかない時代の、ミニチュアを駆使したモノです。
σ(^^;)は当時高校生でしたが、映画館には観に行きませんでした。
TVでも何回か放送されていますが、マトモに見た記憶がありません。
今からじっくり堪能したいと思います。
なお、以後のラインナップが発表されてますが、「太平洋の嵐」が見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

風立ちぬ

映画を観に行きました(≧▽≦)
スタジオジブリの「風立ちぬ」です。
ウチに居ても暑いだけ(リビングダイニングのクーラーが故障した!!)なので、チビ3号と2人で車で10分足らずのトコにある映画館へ。
観客は15人程でした。

130823
↑パンフレット。

やっぱり、七試艦戦・九試単戦・九三重爆、横軽(アプト式)とかわかっていると、更に面白いです。
小学校5年生のチビ3号は、関東大震災や結核について知識が無く、大人の恋愛話もあって難しかったようですが、一応ジブリ作品なので楽しめたようです。
ちなみにこのチビ3号、学校の夏休みの宿題にこの映画のコトをナニか書くらしいのですが、ホントにわかっているのかは疑問です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

ローン・レンジャー

映画を観に行きました(≧▽≦)
ジョニー・デップ主演、「ローン・レンジャー」です。
ウチに居ても暑いだけなので映画館で涼むべく、チビ2号と2人で車で10分足らずのトコにある映画館へ。
観客は20人程で、チビ2号のリクエストで吹替版を観ました。
大昔、テレビドラマを放送していたようですが、リアルタイムで見たコトは無く、ガキ子供の頃、「ハイヨー、シルバー!」とか「インディアン嘘つかない」等のフレーズだけ知ってました。

130808
↑パンフレット。

内容に関してトヤカク言うのは野暮ですが、チビ2号と一致した感想として、予告編やCMを見て期待した程の「スピード感」がありませんでした…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年6月 3日 (月)

タイタンの戦い

1981年製作の映画のDVDです(≧▽≦)

130603
↑ナンともコメントができないジャケット…。

中学生か高校生(?)の頃、テレビの○曜ロードショーとかで放送していたのを見たコトがあります。
そのときは単なるSF怪獣映画のつもりで見ていたのですが、その後良く似たギリシャ神話を題材にした映画が何本か製作され(同じ題名で2010年にリメイクもされました)、その原点を振り返ってみたくて廉価版のDVDを買いました(←相変わらず、物好き)。
もちろん現在のSFX若しくはCGを使った作品に比べるとアレですが(笑)、それを補って余りあるのがアンドロメダ王女役のジュディ・バウカーの美しさです!!
最初にTVで見たときに印象に残ったのは、魔女メデューサのコワさと、クラーケンが「大巨獣ガッパ」と見分けが付かないコト(笑)、そしてこのアンドロメダ王女の美しさでした。
あらためてDVDを見て、メデューサとクラーケンはどーもこーもコメントできない感じですが(汗)、ジュディ・バウカーに関しては今でも昔と印象は変わらず、やっぱりスゴく綺麗でした。
当時27歳だったそうですが、どう見ても二十歳そこそこに見えます。
その後、映画には出演されていないようで、残念です。
あ、DVDの感想としては、「こんなストーリーやったっけ!?」ですが(って、オイ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

県庁おもてなし課

映画を観に行きました(≧▽≦)
ヨメはんと2人で映画に行くのは、多分初めてですw(゚o゚)w。
ホントは、先週に行く予定をしていたのですが、お約束というかナンというか、
人が予定を立てるとその日は必ず熱を出すチビ2号のおかげで、延期になってました。
観に行ったのは有川浩原作、錦戸亮主演の「県庁おもてなし課」です。
ちゃんと原作を読んで「予習」をしました(笑)。

130524
↑原作本と映画のパンフレット。

個人的には、堀北真希もイイのですが、佐和役の関めぐみがイイ味出してたと思います。
高知県に行きたくなりました…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)