カテゴリー「フリーランス」の記事

2021年10月 4日 (月)

バス窓の電車を作る その1

また、フリーの電車です(≧▽≦)
最近はスケールモデルを作れない体質になってきたようです(笑)。
さて今回の犠牲タネ車は、鉄コレの未塗装の日車標準型電車と江若鉄道のジーゼルカーです。

211004
↑両方バス窓。

日車標準型電車はクーラー(AU13)を載せて冷房化します。
江若の方は下回りをそっくり変更します。
19m級動力ユニットにテキトーな古い台車を取り付けます。
台車は色んな候補があったのですが、ドアステップに干渉しないモノを選びました。
未だ、続きます。

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

古いキハ02で遊んでみた

昔の9ミリゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今回の犠牲タネ車は誰もが持っていた(?)キハ02です。
思い付いて、塗り替えました。

210927
↑例によって、実在しません(汗)。

昔のエンドウのキハ02の色に塗ってみました。
うすめ液で塗装を剥がし、車体をタンと朱色4号、屋根にアルミシルバーを吹きました。
ナンバーは黒文字で印刷したモノを貼りました。
字体はゴシックで、わざと目立つ透明シールにしました(参考にしたHOと同じように)。
長距離特急型列車と同じコンセプトです。

| | コメント (4)

2021年9月21日 (火)

長距離特急型列車 中型客車を作る 完成ヾ(*´∀`*)ノ

やっと完成しました、自由形客車(≧▽≦)

2109211
↑HOの客車と。

実車(KTMの客車のこと)に倣って、色入れやレタリングは全くしていません。
ディテールの追加は、ナハニの荷物室の窓ガラスをGMの保護棒入りのモノを使ったコトと、トイレのガラスを曇りガラスにした程度です。
次は機関車を作りたいトコですが…。

| | コメント (2)

2021年9月20日 (月)

富井電鉄ED14 31号機

鉄コレの電気機関車です(≧▽≦)
いつも通り、実在しません(笑)。
国鉄ED14の塗装を変更して製品化したモノです。

210920
↑一見、西武風。

塗色は赤紫色というかマゼンダ色です。
指定の動力ユニットを組み込み、パンタをストック品のKATOのPS14に交換しました。
ナンバープレートはインスト通りには絶対に取り付けられません(怒)。
取付穴をピンバイスで0.7mmに広げてからハメ込み、微量の接着剤で留めました。
車体側面のエアフィルター(?)は別パーツになっていたので、せっかくなので一旦外してからシルバーに塗りました。
車内のウエイトをよもぎ色に塗ったので、ちょっとカッコ良くなったかな?

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

盛った、塗った

ノス鉄DB20の続きです(≧▽≦)
塗りました。

210919
↑もう、DLにはみえません(汗)。

車体はタンとシャインレッドと水色、床下はねずみ色1号です。
何か昔のナショ〇ルのトラックみたいな色になってしまいましたが…。
まだ、レタリングが残ってます。

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

まだ、盛ってます(笑)

まだまだやってます、ノス鉄のDB20(≧▽≦)
前回は屋根を盛ってみましたが、今日は主に車体をいぢくります。

210915
↑車体と下回りの下塗りが終わりました。

タイフォンやジャンパー栓を取り付けてみました。
特にタイフォンは取り付け位置に迷って、何カ所もムダな穴を開けては埋めてをしました(汗)。
まだ屋根や車体に部品取り付け用の穴が開いてますが、大体こんな感じで。
特に双頭連結器がお気に入りです。
もう少し頑張ります。

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

盛ってみる(笑)

今朝は再び新型コロナワクチンの接種に行って来ました(≧▽≦)
行き先は中之島の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)です。

210905-1
↑また来た。

2度目の接種では発熱等の可能性が高いらしいので、ダッシュでウチに帰りました。
ダッシュで帰ってナニをしたかというと…。

210905-2
↑屋根上、盛りまくり(笑)。

ノス鉄の収納ケースに入っていた、未塗装のDB20を改造していました。
熱が出てしんどくなる前にと、突貫工事です(汗)。
いずれも手持ちのジャンクパーツを使って、電気機関車をデッチ上げようという魂胆です。
ちゃんと電気機関車にみえるようになるかな…。

※追記
 夜になって上腕部が痛みだして、熱が37.5度まで上がりました。
 翌日は38.5度の熱が出て、腰と膝の関節が痛くて、一日中寝て過ごしました。
 翌々日の午前中には熱も引き、関節もウソのように痛くなくなりました。
 注射をした腕はまだ少し痛いのですが、生活には困りません。

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

長距離特急型列車 中型客車を作る その2

続いてます(≧▽≦)

210823
↑下地ができました。

取り敢えず溶きパテ&タミヤパテを盛って、ペーパーで水研ぎを繰り返しました。
♯1000で表面を整えて、0.5mmプラ角棒で雨樋を再現して車体はOK。
床下機器は20系のモノを使おうとしてましたが、まじめに「実車」と同じように四角い2個のウエイトだけの床板に作り直しました。
GMの客車用床板を切り詰めて、タミヤの5mm角棒を切断したモノを2個接着して出来上がり。
お天気のイイ日に塗装したいと思います。

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

長距離特急型列車 中型客車を作る その1

突然、客車を作り始めました(≧▽≦)
大昔、カツミから発売されていたHOゲージの自由形客車(製品名は『長距離特急型列車 中型客車』です)をNゲージで作ってみます。
犠牲タネ車はこれまた古い関水金属の20系客車です。
カニ21、ナハフ20、ナハネフ23です。
このウチのナハフ20は側板しか使いませんので、改造で余った部品を再利用しています。

210810
↑3両編成です。

車体長を17メートル級にするため、実車(カツミのHOゲージのコト)と窓の数が違います。
最初は窓の数を実車に合わせて車体の切り継ぎを行ったのですが、長さが15メートル級と短くなってしまったので、一旦切り継いだ車体をまた切断して車体長を伸ばすという、無駄な工作をしています。
なので、相当「悲惨な」切り継ぎ車体になってしまいました。
屋根はグリーンマックスのキットの改造で余った10系客車の屋根板、床下機器はもっとシンプルにと思ったのですが(実車は四角いウエイトが2個ブラ下がっているだけ)、ナハフ20の床板が余っているのでそれを使用しました。
台車はブレーキシューの無い初期製品のTR55です。
食パン風の切妻は、トミックスのオハフ50の妻板を切断、裏返しにして真っすぐに伸ばして切妻にしたモノを使いました。
この後はパテ埋め→サフ吹き→ペーパーによる水研ぎ、と続きます。
これらの表面処理はあおぞら電車のキットで慣れている(!!)ので大丈夫だとは思いますが(泣)。

| | コメント (2)

2021年7月17日 (土)

ノス鉄 キワ90 首都圏色 完成ヾ(*´∀`*)ノ

塗装変更が済んでいたノス鉄のキワ90です(≧▽≦)
苦手のナンバーを入れました。

210717
↑未完成レイアウトを行く。

手持ちの貨車用のナンバーインレタを使用したので、若干サイズがオーバースケールです。
あ、主張が強くてイイかも(汗)。
車番はModels IMONのHO1067(1/87 G=12mm)のキワ90首都圏色に倣って、「キワ90 5」です。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧