カテゴリー「ジーゼル機関車」の記事

2024年1月11日 (木)

またまた、エーダイリアルタイプDD54タイプ

何度目かわかりませんが、エーダイのDD54タイプです(≧▽≦)
懲りずに中間台車を取り付けてみました。

240111
↑今回は向かって一番右側のヤツね(汗)。

前回同様、動力ユニットを供出して余っていた車体に、TOMIXのED62の下回りを取り付けました。
今回のED62はスカートにジャンパー栓がモールドされている製品でした。
詳しくはわかりませんが、製造時期によってジャンパー栓の有無を作り分けているようです。
DD54にスカートにずらりと並んだジャンパー栓などなかったので削り取ってしまおうと考えてました。
でも削り取るのもメンド臭いせっかくあるモノなのでそのまま使用するコトにしました。
で、ジャンパー栓があるなら20系客車も牽引してイイだろうと思い、「出雲」のヘッドマークを取り付けてみました。
コレにも使用した、大昔のグリーンマックス製品なのでかなり巨大ですが、目立ってイイと思います。

| | コメント (0)

2023年12月14日 (木)

専用線風のDE10

実在しません(≧▽≦)
また、フリーの車両ですが。

231214
↑・・・っていう感じで(汗)。

手摺の折れたTOMIXの古いジャンク品をレストア(?)しました。
折れていた手摺はΦ0.4の真鍮線で新造、痛んでいた塗装も一旦剥離してクレオスのレドームをエアブラシで吹きました。
ノス鉄のジーゼル機関車とバテロコとお揃いの塗装です。

| | コメント (0)

2023年10月15日 (日)

エーダイ リアルタイプDD54タイプ、再び

懲りずにエーダイのDD54タイプで遊んでいます(≧▽≦)
と言うのも、改造タネ車として下回りを供出したので、車体が余ってます。
それを何とかしようという魂胆です。
はい、何とかしました(笑)。

231015
↑中間台車を付けてみた。

DD54タイプは、実車の車体の長さを短くして、中間台車を省略したモノです。
なので、中間台車を取り付けてみました。
そう、車体が同じ長さのTOMIXのED62の下回りをポン付けしました。
スカートの形状を少し変えただけで、そのまま取り付けられます。
断然、カッコ良くなりましたヾ(*´∀`*)ノ。
今度はED62の車体が余って来ますが(汗)。

| | コメント (0)

2023年10月13日 (金)

富井電鉄 猫屋線直通用路面電車 動力化

TOMYTECの鉄道コレクションナローゲージ80です(≧▽≦)
以前から放置温存していた猫屋線直通用路面電車を今になって引っ張り出して来ました(汗)。
ぢつは、買ったときは動力化しようと企んでいたのですが、指定の動力ユニットでは台車中心間隔が短すぎて、カッコ悪い(怒)。
TOMIXのNゲージのED61かED75の下回りでも組み込んでみようかと考えたまま時間が経ちました…。
で、先日エーダイのDD54タイプで遊んでいるときに、閃いてしまいました。
あるやん、動力ユニット。
そのエーダイのDD54タイプが我が家には売るほどあります。
下回りの寸法は丁度ED75と同じです。

231013-1
↑めでたく動力化ヾ(*´∀`*)ノ。

DD54タイプの動力は都合の良いことに、台車枠は走行に関係ないので、交換が可能です。
ソッコーで枕バネを残して台車枠をニッパーで切り飛ばし、路面電車の台車枠と交換しました(枕バネに接着)。
動力ユニット取付用の床板(?)の一部を切り取り、DD54の下回りを両面テープで貼り付けました。

231013-2
↑屍累々。

先日のDD54量産試作機と今回の路面電車のために3両分の車体が余ってます。

| | コメント (0)

2023年10月11日 (水)

エーダイDD54タイプから量産試作機タイプを作る、再び…。

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
その昔、エーダイ(後に学研)から発売されていたDD54タイプで遊んでます。
DD54タイプと言えば、ムダに手を加えてみたり、量産試作機の1号機を作ったりしましたが、今回は3号機です。
以前と同じく、アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売されていた『国産鉄道コレクション』のミニチュアモデルを流用します。
古書としてお安く手に入れました。
何故か「出雲」のヘッドマークが付いています。
実車は引き通し管の関係で、20系客車は牽引していないと思うのですが、カッコいいので採用(笑)。

2310113
↑ヘッドマーク付き。

車体を丸ごと交換してしまいます。
当然のコトながら、ミニチュアモデルはスケールモデルなので、全長が長いです(言い方がおかしい?)。
乗務員扉の直後の実車の継ぎ目の部分で車体を切断、3分割しました。
車体中央部の両端をさらに3mmずつ切り詰めて再接着しました。
実車の継ぎ目部分で継いだので塗装は不要です。
スカートと床下機器も切断して、動力ユニットに直接接着しました。
30分程で完成です。
ウェザリングでもしてみるとカッコよくなりそうです。

| | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

鉄道コレクション ナローゲージ1/80 想い出の尾小屋鉄道

ずっと欲しかった尾小屋鉄道です(≧▽≦)
もちろん、フルスケールモデルではありませんが、誰が見ても尾小屋鉄道に見えます(汗)。
今回は2種類発売されましたが、当然両方入手しました。

220220-1
↑既に、加工済ですが…。

キハ1タイプ+ホハフ8タイプのセットと、DC121タイプ+ホハフ3タイプです。
うるさいコトを言えばキリがありませんが、ウソでも製品化されたので嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ。
キハ1タイプは扉下のステップの開口部をモンザレッドで塗装したプラ板で塞ぎました。
DC121タイプはIMONのつかみ棒を、コレまたモンザレッドに塗装してデッキに開けた穴に接着しました。
キャブ内部は車体色の赤色が窓越しに目立ちすぎるので、グレーに塗りました。

220220-2
↑赤瀬温泉軽便鉄道キハ2と。

我が赤瀬温泉軽便鉄道はこの尾小屋鉄道をプロトタイプにしています。
今回「本家」が製品化されて喜んでます。



| | コメント (2)

2021年9月 5日 (日)

盛ってみる(笑)

今朝は再び新型コロナワクチンの接種に行って来ました(≧▽≦)
行き先は中之島の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)です。

210905-1
↑また来た。

2度目の接種では発熱等の可能性が高いらしいので、ダッシュでウチに帰りました。
ダッシュで帰ってナニをしたかというと…。

210905-2
↑屋根上、盛りまくり(笑)。

ノス鉄の収納ケースに入っていた、未塗装のDB20を改造していました。
熱が出てしんどくなる前にと、突貫工事です(汗)。
いずれも手持ちのジャンクパーツを使って、電気機関車をデッチ上げようという魂胆です。
ちゃんと電気機関車にみえるようになるかな…。

※追記
 夜になって上腕部が痛みだして、熱が37.5度まで上がりました。
 翌日は38.5度の熱が出て、腰と膝の関節が痛くて、一日中寝て過ごしました。
 翌々日の午前中には熱も引き、関節もウソのように痛くなくなりました。
 注射をした腕はまだ少し痛いのですが、生活には困りません。

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

ノス鉄 富井電鉄DB20型、再び

お気に入りの、ノス鉄 富井電鉄DB20型です(≧▽≦)
ちょっとだけ塗装しました。
プロトタイプとなった東野鉄道DC20は、車体裾(台枠)と屋根が黒色のようなので、塗ってみました。

210704
↑2両とも塗りました。

車体を分解して、屋根は外れるのでヘッドライトも付けたまま塗装、車体は裾だけ残してマスキングして塗装しました。
ついでに下回りも塗装しました。
今回は塗料にタミヤのアクリル塗料ミニを使用しました。
塗装済みの車体に塗っても下地を侵さないのが、使用した理由です。
単純にXF-1フラットブラックを専用のうすめ液で希釈して、エアブラシで吹きました。
ところが相変わらずマスキングが下手クソで、車体に黒が滲んでハミ出したりしてしまいました。
Mr.カラーなら半泣きになりながら再塗装する(場合によっては車体丸ごと)のですが、このタミヤのアクリル塗料ミニなら簡単に修正できます。
綿棒に「マジックリン」を含ませて拭き取れば、下地も傷めずに綺麗になります。
エナメル塗料もハミ出しても専用のうすめ液で拭き取れますが、塗膜が弱くしばらく触っていると塗膜がハゲてきます。
アクリル塗料ならそんなコトはないので、重宝しています。
黒を塗ったコトにより、メリハリがついてカッコよくなりましたヾ(*´∀`*)ノ。
ついでに(?)動力化しましたが、専用の動力ユニットはほぼ「ポン付け」が可能です。

さらにカプラーが装備済でしかもTOMIXのミニカーブレール対応の貨車と同じぐらいカプラーが首を振るのもイイですね。


| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

ノス鉄 富井電鉄DB20型

ノスタルジック鉄道コレクション第1弾です(≧▽≦)
縁あって富井電鉄DB20型を入手しました。
プロトタイプは言わずと知れた津軽鉄道DC20形(後の東野鉄道DC20)です。

210629
↑未完成レイアウトでワールド工芸のDC20と2ショット。

下回りはともかく(プロトタイプはロッド式の3軸)、車体はよく特徴を捉えています。

2106292
↑茶色もあるでよ。

ワールド工芸の製品と比べて2回りほど大きいのですが、走らせて遊ぶのには丁度良いサイズです。
この後、第2弾、第3弾、第4弾、第5弾、第6弾、第7弾、第8弾、第9弾、第10弾 、第11弾、第12弾、第13弾、第14弾、第15弾、第16弾、第17弾、第18弾、第19弾、第20弾、第21弾、第22弾、第23弾、第24弾、第25弾、第26弾、第27弾、第28弾、第29弾~と続くコトを期待してます。

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

有田鉄道キハ58003タイプ

ジーゼルカーで遊んでます(≧▽≦)
以前購入したTOMIXの富士急のキハ58をどーしても有田鉄道仕様にしたくて、加工しました。

190917-1
↑手前のヤツです。

実車は富士急から有田鉄道に譲渡されてから、2エンジンのウチ1台を撤去して1エンジンで走ってました。
実質、キハ28です(笑)。
モデルでもモーターカバーにモールドされているエンジンとラジエターを1台分削りとりました。
更に有田鉄道では車両の手入れに手が回らなかったようで、晩年は錆びてまっ茶色の状態で走ってました。
そんなワケでタミヤカラーエナメルのレッドブラウンでキツ目にウェザリングをしました。
それらしくなったでしょうか。

続きを読む "有田鉄道キハ58003タイプ"

| | コメント (0)