カテゴリー「貨車」の記事

2017年10月11日 (水)

コンテナ特急 ミニ『たから号』

コンテナ特急です(≧▽≦)

171011
↑全車2軸ですが。

BトレのEB10(EH10のショーティー)とその昔限定生産された関水金属の緑色のヨ6000(ホントの『たから号』はヨ5000)を発掘しました。
もちろんコンテナ貨車を牽かせるのですが、機関車が2軸なので、貨車も2軸にします。
大昔のトミーナインスケールのコム1が台枠が茶色でチキ5000のショーティーみたいなので(チキは茶色ではなくて赤3号ですが)それらを集めてみました。
「フル編成」にはまだまだ遠いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

貨物列車完成

やってました、ナローの貨物列車ですが(≧▽≦)
どうにか完成しました。

170629_1
↑シブいです。

津川の貨車は塗装後にエアブラシでウェザリングを施しました。
ワフの後部標識はTOMIXのNゲージの機関車に付いている、ブルトレのヘッドマークの台座です。
ミッチャクロンを吹いてからモンザレッドで塗りました。

170629_2
↑右側運転台です。。

SLの機関士は塗装して、やっと乗務させました。
スミ入れをして、つや消しのトップコートを吹くとリアルになりました。
早く
レイアウトを何とかしたいです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

津川洋行の貨車

津川のナローの貨車です(≧▽≦)
無蓋車のトが2両、有蓋車のワとワフが各1両です。

170628_1
↑貨物列車。

SLに牽かせる為に入手しました。
でも、カプラーはどうしようもないの(一応、朝顔形カプラーらしきもの)が同封してあって、相当頑張らないと連結ができそうにないので、アッサリと鉄コレのモノに交換しました。

170628_2
↑左が工作中、真鍮線で補強します。

プラ板で作ったスペーサーを挟んで、瞬着で鉄コレのカプラーポケットをイモ付けの後、真鍮線で補強します。
また、無蓋車は補重スペースが皆無なので、薄い板鉛を使用して補重しました。

170628_3
↑板鉛を荷台(?)に貼り付け。

t0.5mmの鉛テープなるものにPカッターでスジを付けて貼り付けました。
色がグレーなのはミッチャクロン→サフの順に吹いて、この後の塗装に備えてます。

続きを読む "津川洋行の貨車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

「とて簡」2015年版発売記念

アルモデルのキットです(≧▽≦)
新製品3種類5両の詰め合わせ(笑)です。

150710_1_2
↑お得なセットですが。

ナンといっても「標準型Cタンク」がイイですo(*^▽^*)o。

150710_2
↑ちっちゃい。

南薩5号機を彷彿させるスタイルと、動力ユニットが調整済みでナニもしなくても必ず走らせられるのがいいトコです。

150710_3
↑貨車は完成した姿が想像できない程のただの「板」です(汗)。

もれなく個性的な貨車が4両ついて来ます。
早く完成させたいのですが、柄にも無く仕事が忙しいです(号泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

TOMIX タム500形タイプ

TOMIXのタンク車です(≧▽≦)
タム500形「タイプ」というぐらいですので、実在しません(汗)。
あ、KATOから発売予定の「タム500」とは全くの別物です。
このTOMIXのタンク車はカラーのバラエティがあって楽しいです。
今回は鮮やかな黄色が気に入って、液体塩素輸送用を4両購入しました。
なぜ4両かと言うと、交換するナックルカプラーの手持ちが8個だったからです(笑)。

150407_1
↑ナックルカプラーに交換。

そのナックルカプラーですが、KATOの電機からの発生品です。
KATOの電機には、なぜか必ずロングタイプのカプラーがもれなく付いて来るのですが、カッコ悪いのでいつもショートタイプ(EF66用)に交換してます。
そのロングタイプが余って来ます。
もったいないので使い道を探していたら、丁度コレが目に留まりました。
カプラーの穴をφ1.4に広げ、上部を少し削っただけでちゃんとカプラーポケットに収まりました。
首も振るし、長めのカプラーなので、急カーブやS字カーブでも大丈夫です。

150407_2
↑こんな感じで。

以前改造した電機に牽かせると似合います(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

地方私鉄風の電気機関車、その後…。

先日完成させた2両の電気機関車ですが(≧▽≦)

141024_1
↑コレ。

NO.2号機の不自然なウェザリングが気に入らないので、再び塗装をやり直しました。
IPAに浸けて、イチからやり直しです。

141024_2
↑納得しました(笑)。

やっぱりNO.4号機よりキツ目にウェザリングをしましたが、今回は納得の行く仕上がりです。
ついでにメーカーズプレートを日立から三菱に変更しました。

続きを読む "地方私鉄風の電気機関車、その後…。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

TOMIX JR貨物 コキ50000形 グレー台車

TOMIXのコキ50000です(≧▽≦)
何両あっても困るコトはありませんが、今回はグレー台車のJR仕様が再生産となったので、同じくちょっと前に再生産されたコキ107と共に増備してみました。
本来はJRの車輌は極力買わないようにガマンしているのですが、
以前に製作したEF81 304に牽かせるためにやむを得ず(?)、です(笑)。

Koki50000
↑コキ107とコキ50000。

カプラーをKATOカプラーに交換しました。
TNカプラーという選択肢もありますが、運転会で使用するモジュールレイアウトは残念ながら接続部分が「常に理想的」とはいい難く、少しの段差で編成モロとも脱線転覆するTNカプラーよりは「悪路に強い(?)」KATOカプラーを標準で装備しております。
また、組成や撤収でもKATOカプラーの方がラクです、お値段も安いし・・・。
でもTNカプラーは実車が密着自連のEF66なんかに取り付けるとカッコイイです(^o^)v。
ホントはコキフの無い「尻切れトンボ」のようなコンテナ列車はアレなのですが、付属している反射円盤を取り付けてみるとそれらしくなりました。
で、いつものように搭載するコンテナが不足していますので、そちらも何とか増やしてみたいと思います。

    

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ    にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)