カテゴリー「キット」の記事

2017年5月24日 (水)

木に竹を接ぐ

昨日の続きですが(≧▽≦)

170524
↑もう少し頑張れっ!!

西武レッドアローとオシ16を切り接いでます。
オシ16の側板の高さが低いので雨樋を削り落として、新たにプラ板で雨樋を作り直して、西武レッドアローの乗務員扉と高さを揃えました。
ビミョーに車体断面形状が違うので、ちょっとだけ苦労してます…。
溶きパテの乾燥待ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

西武レッドアロー ショーティ!?

また、キットを作ってます(≧▽≦)

170523
↑GMの西武レッドアローのキットですが何か!?

いつものように、説明書通りには作ってません(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

地下新線用7000系 その1

また、フリーランスです(≧▽≦)
昔のHOゲージのフリーランス車両をリスペクトするシリーズ(勝手にシリーズ化)第2弾です(笑)。
とれいん誌1980年4月号の記事を参考に地下新線用7000系電車を製作します。

170228
↑鋭意製作中。

タネ車は実車(記事にあるHOの模型のコトです)と同じ東急7000系(GM製)です。
車体は正面以外はほとんど加工するトコがないのですが、床下機器が困りました。

1702282
↑床下機器にはこだわってみましたが…。

手持ちのパーツを総動員しても実車通りにはならず、結局GMストアまでパーツを調達に行きました。
ココ最近何度かGMストア日本橋店で、床下機器のパーツだけを物色していた怪しい客はσ(^^;)です(汗)。

去年の合運のときにとれいん誌のスタッフの方にこの車両を作りたいと申し出たときに「作っちゃって下さい」とおっしゃったので、一応お許しを頂いた格好にはなっております。
何とか完成させたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

CROSS POINT 地方私鉄タイプ電車を作る その1

クロスポイントのキットです(≧▽≦)
地方私鉄タイプ電車と称して、モダンタイプとクラシックタイプの2種が入ってます。
そのウチのクラシックタイプを作ってみました。
あ、キットが2セット(ホントは3セット)あったので、2両作ります。
急に作り出したのは、たまたま古いGMの17m動力ユニットを発掘したからで、他意はありません。

161026
↑同型車2両。

2両の違いは動力ありとなしの他には、ヘッドライトの形状と台車、動力ありは両方とも貫通形の前面(動力なしは片側非貫通)ですが、配管なしの貫通形前面がないので、非貫通の前面パーツに貫通扉を埋め込む(?)加工を施しました。
一応以前作った電車と同じ世界観となっておりますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

CROSS POINT 営団3000系キットを作る その1

毎日暑いです(≧▽≦)
こんな日は冷房の効いた部屋でキットを作るのが幸せです。
そんなワケでクロスポイントのキットの営団3000系先頭車2両セットを作ります。
もちろん素組みではありません。
地方私鉄風にアレンジします。

160818_1
↑手前の2両です。

作りかけの17m旧国と同じ世界観(笑)の車両です。
プロトタイプは長電3500系です。
っていうか、ほとんどプロトタイプ通りですが。
屋根上の八角形のベンチレーターは、東急7000系キットに入っているオマケパーツを使いました。
やっぱり営団3000系はこのベンチレーターでなければ。

160818_2
↑どアップ。

3本のエアホース(MP・BP・SAP)は真鍮線で作りました。
この後どうするのかはまだ決まってません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

17m旧国キットを作る その1

毎日暑いです(≧▽≦)
こんな日は冷房の効いた部屋でキットを作るのが幸せです。
そんなワケでRMMのオマケの旧国とGMのクハ16のキットを作ります。
もちろん素組みではありません。
地方私鉄風にアレンジします。

160814
↑クハとクモハの2両編成。

クハは国鉄のクロハ16払い下げという設定で、屋根のグロベンが1個少ないタイプにしました。
クモハは戦災国電→大手私鉄→地方私鉄と流れてきたというか、出自不明の感じを狙いました。
屋根にはガラベン、正面は事故復旧車の想定で、若干マヌケな表情になりました。
この後どうするのかはまだ決まってません…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

マグネマティックカプラーに替えてみた。

昔のケーディーカプラーの方が言いやすいですが(≧▽≦)
とて簡のCタンクに連結させるため客車と貨車のカプラーを交換しました。

160809
↑キハ04はまだナニもしてませんが…。

客車はとて簡のヤツですが、ワフは鉄コレのモノです。
DC201以外は、全て加工途中ですが…。
色々と揃ってきて、嬉しくなってますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

とて簡 標準型Cタンクを作ってみた。

しばらく放置熟成させていたアルナインのCタンクです(≧▽≦)
客車を作りかけているので、やっぱり機関車が欲しいです。

160806
↑塗装直前まで、できました。

まず、「平面」のウチにキャブ手摺、解放テコ、掴み棒のための穴を開けておきます。
まいっちんぐエッチングでポンチマークがしてありますので、簡単です。
その後インスト通りに組み立てます。
接着剤すら使わずにスラスラ組み立てられますが、σ(^^;)は主にハンダ付けで組み立てました。
追加したディテールはというと、コンプレッサーとエアタンク、砂撒菅はカワイのB6から供出しました。
このために、カワイのB6の車体が投売りされているときに買っておきました。
標識灯と掴み棒(ゴハチ用)、タービン発電機は銀河のパーツです。
解放テコ、安全弁、汽笛はKATOのパーツを使いました。
主にトミーナインスケールのK.S.KタイプCタンクと城新鉄道5号機を参考にディテールアップしました。。
次は、塗装行程が待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

アルナインの2軸客車

暑い日が続いてますが(≧▽≦)
こんな日は空調の効いた部屋で工作するのが幸せです。
そんなワケでアルナインのキットを作ってみました。
片上タイプのハフととても簡単な木造2軸客車です。

160803
↑ちっちゃいものクラブ(笑)。

片上のハフはKATOのチビ客車がタネ車です。
タネ車が無くて困ってましたが、最近手に入ったので、作ってみました。
割と簡単に出来てしまいます。
とて簡の客車は更に簡単で別売りのオプションパーツを取り付けても1両15分ぐらいで形になります。
こちらもトミーナインスケールの貨車の下回りを使いましたが、製造時期により軸距が違うので、テキトーに同じモノを探して取り付けました。
次は
機関車を作りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ワールド工芸 クモヤ22001

ワールド工芸のプラキットです(≧▽≦)
有名(?)なクモヤ22001のコンテナ輸送試験車か配給車の2タイプのどちらかを選択して作るキットです。

160727_1
↑コレで1両分です。

全く同じランナーが2枚と、1両分の動力ユニットとまいっちんぐエッチングパーツが入ってます。
くどいようですが、1両しか作れません。

160727_2
↑コンテナ輸送試験車の設計図。

不要部品が大量にあります(赤の×印が不要部品)。
重ねて言いますが、1両しか作れません。
でも、どう考えても2両作れそうな気がしてなりません(笑)。
そこで決して疑うワケではありませんが、試しに不要部品だけを使って組み立ててみました。

160727_3
↑ちゃんと形になってますけど…。

台車とライトのレンズ、窓ガラスが足りません(パンタは別売りです)。
自走に拘らなければ、それらのパーツを集めれば(簡単に揃います)、ちゃんと完成しそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧