カテゴリー「キット」の記事

2022年6月20日 (月)

GM 帝都高速度交通営団6000系キット 完成 ヾ(*´∀`*)ノ

ずーっと前から作っていた営団6000系ですが(≧▽≦)
完成しましたヾ(*´∀`*)ノ。

220620-1
↑10両フル編成、疲れた…。

キットのインスト通りに作りました。

220620-2
↑当時のTMSに載った完成見本、色々気になる(笑)。

220620-3
↑同じように作ってみました。

パンタは当時のGMの金属製、台車は201系試作車のDT46X(絶版)です。
作るより部品集めが大変でした。
あ、台車はチョー古いストック品を使い切りました。
あまりにも古いので、センターピンが経年劣化で割れてしまったので3mmのネジに交換しました。
塗装は大昔のTMSの鉄道模型相談室にあったデイトナグリーンをエアブラシで吹いて、1mm幅のマスキングテープで帯をマスキング、タミヤのラッカー系塗料のアルミシルバーを吹きました。
屋根は得意の(?)グレーバイオレット、ベンチレーターと下回りはねずみ色1号です。
フロントガラスの方向幕は、チョー古いグリーンマックスの66-1 NEW電車用ステッカーを使いました。

車番は自作デカールです。
出来栄えは昭和クオリティの厨二病全開ですが(汗)、完成してナニよりです。

続きを読む "GM 帝都高速度交通営団6000系キット 完成 ヾ(*´∀`*)ノ"

| | コメント (3)

2022年5月29日 (日)

ミニ気動車 キハ08タイプ

大好きなキハ08です(≧▽≦)
以前にNゲージで作りましたが、今回は3Dプリンター製のミニ気動車の車体キットです。
サイズはBトレと同じぐらいです。

220529
↑ナニを考えているのかは察してください(笑)。

製品の構成は車体と屋根の2ピースです(オマケでスノープロウが付いてましたが使いませんでした)。
車体に屋根を接着すれば組み立ては終わりです。
が、性質上屋根は反ってましたので、車体に屋根をゼリー状瞬間接着剤でガッチリ固定してから、モールドされているガラベン諸共、平ヤスリ&ペーパーで直線になるよう削りました。
そのせいか、屋根は若干浅くなってしまったような気がします。
グリーンマックスの旧型客車用屋根が腐るほど余ってるので、そっちを使ってもよかったのですが、今回は(次回とかあるのか!?)製品を尊重してそのまま作りました。
車体全体を軽くペーパー掛けをして、サフを吹いてから朱色4号→セールカラー→屋根色(グレーバイオレット)の順にエアブラシで吹きました。
グリーンマックスのキハ22のインレタから数字を拾いナンバーを転写しました。
削り取ってしまったガラベンはグリーンマックスの客車用をねずみ色1号に塗ってからゴム系接着剤で接着。
つや消しクリヤーを吹いて、ポリカーボネイト板で窓ガラスを取り付けて車体は完成。
下回りはKATOの小型車両用動力ユニットを組み込み、KATOのキハ56用の複線用スノープロウを取り付けて完成です。

| | コメント (0)

2022年5月27日 (金)

GM 帝都高速度交通営団6000系キットを作る その2

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
以前より作りかけていた、営団6000系です。
やっと屋根の工作が終わりました。
およそ6年間も放置熟成させてました。

220527
↑10両フル編成。

ベンチレーターをランナーから切り取って、ゲート処理して10両分(怒)。
修行でした。
特徴的な「巨大なアンテナ」もそのまま使ってます。
で、何で屋根の工作が滞っていたのかというと、キットの説明書にあるパンタグラフの入手にヒマが掛かりました。
何せ大昔に絶版になった金属製のパンタを7個も使うので…。
パンタの位置をちゃんと決めてからベンチレーターを接着しました。
この後サフ吹き→塗装と行ってみたいと思います。

| | コメント (2)

2022年5月25日 (水)

72系アコモ改造車!?

グリーンマックスのキットを「消費」しております(≧▽≦)
今回は72系アコモ改造車ですが。

220525
↑非冷房の201系!?

実在しません(汗)。
昔、仙石線に高運103系モドキの72系が走ってたので(鉄コレでも製品化されてます)、その後に増備車があれば201系の車体になっていただろうと勝手に妄想しました。
実際には種車が古いこともあって、走行機器の老朽化が進んで故障が多い等のデメリットが多く、以降の追加改造はされませんでした。
そんなコトは関係なく、201系のキットと余っている旧性能車の下回りパーツや動力ユニットが「消費できる」という理由で作りました。
方向幕を埋めて、パンタ付きの屋根をGMストアで入手しました。
クハの奇数車の正面にジャンパー栓を追加しました。
運転台直後にはプラ板でタブレット保護版を作りました。
実は車体の組立は15年前に終わってたモノを放置熟成してあったのですが、急に完成させたくなりました。
塗装はウグイスにカナリヤの帯で今回は真面目に鉄道カラーを使いました。
ナンバーは72系アコモ車の続きの番号をクリアデカールに印刷して貼り付けました。
103系に続いて、サッシュの塗装は烏口ぢごくです(笑)。
Hゴムが無いだけ楽(?)でした…。

| | コメント (0)

2022年1月16日 (日)

防空直衛艦「幸風」

実在しません(≧▽≦)
かつて計画された直衛艦を1/700で製作してみました。
現実ではトンボ釣りと言われた空母直衛駆逐艦の代用として計画されたもので、魚雷の搭載は考慮されていなかったのですが、結局は魚雷発射管を搭載して秋月型"防空駆逐艦“になりました。
で、「雷装の無い秋月型防空駆逐艦」が実際にあったらカッコイイなと思い、古いフジミのキットを改造しました。

220116-2
↑活躍想像図です(笑)。

艦名はイイものが全く思い浮かばず「さちかぜ」としました。
何か国鉄の特急列車みたいです…。

2201163 
↑アップには耐えられません。

せっかくなので(?)機関配置を後の松型駆逐艦のように「シフト配置方式」として、細い煙突2本に改造、その煙突の間の雷装を撤去したスペースに25mm機銃を「コレでもか!!」と配置してみました。
あ、竣工時の設定のため電探は装備していません。
この後、アンテナ線ぐらいは追加して、ジオラマにしてみたいです。

| | コメント (2)

2022年1月 3日 (月)

空母 瑞鶴 ジオラマ完成ヾ(*´∀`*)ノ

去年の暮れに完成させた30センチシリーズの空母瑞鶴ですが(≧▽≦)
ジオラマにしてみました。

220103-1
↑ダイソーのケース使用。

ニチモの1/500の瑞鶴の箱絵をイメージしました。

220103-2
↑その箱絵。

水柱は津川洋行から発売されている「荒波君 水柱A」を使用しました。
後方に見える秋月型駆逐艦は古い1/1000のキットを使いました。


220103-3
↑その箱絵。

30センチシリーズの瑞鶴の縮尺が大体1/840なので一回り小さいです。
でも遠景としては丁度イイです。
元々秋月型駆逐艦は軽巡洋艦並みのサイズなので、これくらいの大きさでも駆逐艦としては違和感はありません。
箱絵を見ると、エンガノ岬沖海戦の秋月や初月とは機銃の配置が異なります。
でも箱絵がカッコイイのでインスト通り、箱絵の通りに作りました。

続きを読む "空母 瑞鶴 ジオラマ完成ヾ(*´∀`*)ノ"

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

あおぞら電車 なろ急 22号 気動車LD 完成ヾ(*´∀`*)ノ

作っていたNナローの自走客車です(≧▽≦)
やっと完成しました。

210331
↑以前作った湘南顔の気動車と。

Zショーティーの動力ユニットに合わせて全長を詰めました。
まぁまぁな感じです(笑)。
塗装は富別簡易軌道の自走客車の色にしました。
キャラクターホワイトで下地を作り、GMカラーの西武アイボリーを吹きました。
屋根はねずみ色1号、帯はクリアデカールに赤を塗って、帯の幅に切断して貼りました。
最後につや消しのトップコートを吹いて完成ですヾ(*´∀`*)ノ。

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

あおぞら電車 なろ急 22号 気動車LDを作る その4

北海道の簡易軌道の自走客車風の自由形モデル(6.5mmゲージ)です(≧▽≦)
表面処理が完了しました。
溶きパテでドロドロになったときはどうしようかと思いましたが(汗)、なんとかなりました。

210330
↑なんとかなった(笑)。

今回は以前の湘南顔風気動車と違って、表面処理の手間は比較的ラクでした。
ドロドロ状態から平ヤスリで削って平面を出した後は、耐水ペーパーの水研ぎとサフ吹きを数回繰り返しただけです。
ノーシルノーヘッダーで、車体のディテールも無いので平ヤスリとペーパーできれいになりましたが、シルヘッダー付きの電車とかは作りたくありません…。
2ミリプラ棒でおデコのヘッドライトを復活させて(正面窓下のヘッドライトは省略)、ランナー引き延ばし線で雨樋(水切り)とテールライトを再現、1.2プラ板でベンチレーターを作りました。
コレと決めたプロトタイプが無いので、簡易軌道の自走客車の気に入ったトコをミックスして作りました。
次は、塗装です。

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

あおぞら電車 なろ急 22号 気動車LDを作る その3

年度末進行で仕事ぢごくの真っ只中ですが(≧▽≦)
それでも北海道の簡易軌道の自走客車風の自由形モデル(6.5mmゲージ)を作っています。
前作のなろ急14号気動車LBでは正攻法(?)での下地処理に苦労したので、今回は違う攻め方で行きます。
取り敢えず、車体に溶きパテを塗りたくりました(汗)。

210327
↑何か、ドロドロ…。

コレはコレでまたヤスリ甲斐がありそうです。
つくる苦しみいっぱいです(泣)。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

あおぞら電車 なろ急 22号 気動車LDを作る その2

北海道の簡易軌道の自走客車風の自由形モデル(6.5mmゲージ)を作っています(≧▽≦)
車体をZショーティー用の動力ユニットに合わせたサイズに切断した後、瞬間接着剤で接着します。

210323
↑切った(汗)。

素材がナイロン製なので、表面がまるで耐水ペーパーの280番ぐらいザラザラです。
屋根を接着して、表面処理の邪魔になるヘッドライトとテールライトを削り取ってしまいました。
取り敢えず1回目のサフを吹きました。
あ、念のためドアはスジボリを掘り直しています。
表面処理、頑張ります(泣)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧