カテゴリー「キット」の記事

2020年10月28日 (水)

津川洋行 日車タイプ2軸気動車 組立キット(T車)を作る その1

1/150のジーゼルカーですが(≧▽≦)
銚子電気鉄道ハフの車体をベースに、2軸気動車・単端式気動車・バスケットの有無のいずれか1台を組立てることができるコンバーチブルキットです。
なお、キットは限定品です。
通常発売は塗装済み・動力付きの完成品のみです、しかもお高い・・・。
キットも通常発売して欲しいです。

トレーラー仕様なので動力は別途調達します。
で、好き勝手に調達しました(笑)。

201028
↑ちっちゃい。

動力ユニットはロクハン Zゲージ 「Zショーティー 動力シャーシ ノーマルタイプ」を使用します。
そう、ナローゲージになります。
Bトレと比べても相当小さいのですが、簡単な加工でZショーティー動力シャーシがハマります。
ホイールベースやオーバーハングのバランスがイマイチですが、ちゃんと走る動力がそのまま取り付けられるので大満足です。
この後は軽加工と塗装です。
いつになるのかは、誰にもわかりません(笑)。

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

GM 旧国70系を作る 番外編

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズの番外編です(≧▽≦)
急にグリーンマックスの70系が作りたくなったのですが、以前から気になってたコトがありました。
結果的に「実車とキットはココが違う」みたいな、揚げ足を取るような感じになってますが、そんなつもりはありません。
古いキットを楽しみながら(←『苦しみながら』の間違い!?)作るためのちょっとしたウンチクです。

200929-1
↑左からモハ72全金、モハ70初期製品、モハ70現行製品。

まずモハ70ですが、連結面妻板の形状が初期と現行のキットでは全く違います。
現行製品の方が梯子の位置や妻窓の廃止、シルヘッダーの存在等、実車に忠実です。
旧製品はモハ72全金タイプの側板の金型を入れ替えたモノです。
そのおかげ(?)でモハ72全金タイプは絶版になったものと想像できます(泣)。

200929-2
↑上からモハ72全金、モハ70初期製品、モハ70現行製品。

屋根上もベンチレーターの位置、ランボードの形状、屋上配管等、初期製品の屋根がモハ72全金のそれと全く同じなのがわかります。

200929-3

↑まだ未開封で持ってますが、何か?


緑色のパッケージの古いペアキットが全て初期製品かというとそうでもなくて、床下機器がダイカストの古いキットでも車体は現行製品と同じです。
極初期の製品だけモハ72全金の金型を流用(?)した製品のようです。
付け加えるなら、初期製品の台車はDT16で良いのですが、パンタ側妻板を廃止した現行製品ではDT17若しくはGM製の台車を使うならDT20の流用がそれらしいと思います。
σ(^_^;)は鉄コレの動力ユニットにもれなく付いてくるDT17の台車枠を使いました。


続きを読む "GM 旧国70系を作る 番外編"

| | コメント (2)

2020年9月22日 (火)

GM 旧国70系を作る その1

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今回は70系です。
相当古いキットを発掘したので、急に作りたくなりました(汗)。

200922-1
↑郵便車+旧国=11両

連休中、ずっと組み立てをしていました。
モハ70は車体が一体成型なのでラクでしたが。
で、このモハ70は初期製品が2両混ざっているのですが、コレがどうやら全金モハ72タイプの金型を側面だけ変更して成型したモノらしく、ほとんどフリーといってイイぐらい実車とは違います。
初期の70系のキットは色々と突っ込みどころがあって、後でクハの金型も改修されています。

200922-2
↑クハ4種4様。

初期のクハ、現在のキット、原形窓枠、クハ68と4両のクハの顔が違うのも面白いです。
それから、今回は郵便車を連結させようとクモユニ82のキットを何十年かブリに購入しましたが、屋根板がいわゆる「ロクサン」用のカーブが深い屋根のパーツが同封されていました。
そんなトコを実車に合わせなくても、と笑ってしまいましたが…。
いくら実車がモハ72の改造車と言っても、妻板と屋根のカーブが全く合いません(怒)。
恐らくメーカーのミスと思われますが、せっかく楽しみに買ったキットがこんなんだと、特に初めてキットを手にした方などでは、今後キットを買う気もなくなるでしょう(創る苦しみいっぱい)。
σ(^_^;)のように不良品と気付いて、すぐに交換してもらおうと思えばよいのですが、キットは元々こんなモノだと思われてしまってはユーザーもメーカーも気の毒です。
あ、ウチではキットのバルク品というかジャンクパーツが山ほどあるので、屋根板の調達には困らなかったので、交換や返品はしていません(笑)。

| | コメント (2)

2020年7月13日 (月)

特急みずほを作る その3 オシ17の台車だけ

忘れずにちゃんと作ってます、特急みずほ(≧▽≦)
今回は食堂車です。
と言っても、台車だけ(汗)。
食堂車はオシ17を使いますが、その台車がちょっと変わってます。
国鉄では珍しい近畿車両製のシュリーレン台車TR53Aを履いてます。
シュリーレン台車と言えば近鉄の台車なので、GMストアでテキトーな台車を物色しました。
丁度、枕バネがコイルバネのKD39がありましたので、それを買いました。
ヒミツですが、この台車は急行「霧島」のオシ17製作用にと、以前よりストックしていたモノです。
結局この時は空気バネ台車を履かせたので、このKD39は使用せずデッドストックとなってました。

200713jpg
↑ビフォー(左)・アフター(右)。

そのまま履かせるとただの近鉄電車になってしまうので(笑)、少しだけ加工しました。
まず、両抱きになっているブレーキシューの外側を切り落とし、片押しに変更。
ブレーキシリンダーから延びるブレーキてこも削り落とします。
これでシルエットは合格です。
ホントはブレーキシリンダーも削り落としたいトコですが綺麗に撤去できそうもないので目をつぶりました。
それでもメーカー指定のTR50を流用するより、カッコよくなって満足です。
あ、車体はまだ作ってません・・・。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

また、ザクかよ・・・。

そう、またザクです(≧▽≦)
300円のザクを作っているウチに、他の旧キットのザクを作りたくなりました。
押入れを探します(汗)。
リアルタイプザクとシン・マツナガ専用06Rが出てきました。
当然ニコイチです(笑)。

200609
↑使用部品一目瞭然(^^;)。

最近のキットと違って「気を付け!」「休め!」「前に習え!」ぐらいしか動きませんが、足首と股関節をアルミ線による接続に変更して立ちポーズで固定、動力パイプはスプリングを使用してます。
同じスケールでMGザクもありますが、こちらの方が昭和テイスト全開で圧倒的にカッコいいです。
継ぎ目消し→サフ吹き→塗装と、まだまだやるコトがいっぱいです。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

グリーンマックス 京阪9000系を作ってみた

グリーンマックスのキットを作りました(≧▽≦)

200525-2
↑誰が見ても9000系にみえます。

旧塗装というか、以前の9000系の専用色です。
実車は今となっては7200系か10000系かパッと見ただけではわからなくなってしまいましたが・・・。
何と今回は多分生まれて初めて(!?)キットの説明書通りに作りました。
全く追加加工していませんので、たった半日で完成しました。
ぢつはこのキット、同僚より製作を頼まれました。
普段は他人の模型を作ったりはしないのですが、時節柄今回は引き篭もりのお供に(笑)作ってみました。
何も考えず作るのは楽チンです。

| | コメント (0)

300円ザクを作る 

ガンプラブームの時に誰もが買った300円のザクです(≧▽≦)
そのまま組み立てても、テレビの画面から飛び出してきたようなカッコいいザクが作れます。
でも積んどくキットが大量にあるので、それらを「消費」します。
足首を動くようにするため、旧ザクとニコイチです。

200525x
↑使用部品一目瞭然(笑)。

肩の部分は以前リアルタイプザクを作ったときに余ったマインレイヤーの部品です。
ナニが役に立つかわかりません(汗)。
ザクバズーカはジョニーライデン専用ザクから徴発しました。
ジョニーライデンにはジャイアントバズを用意してあります。
このあとは塗装が待ってます。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

特急みずほを作る その2 ロネ

忘れずにちゃんと作ってます、特急みずほ(≧▽≦)
今回は1等寝台車のオロネ10です。
こっちと違って、マジメにオロネのキットを組み立てました(笑)。

ガンプラフィギュアに比べれば、すぐに組み立てられます。 

200513
↑あっという間にハコになりましたが・・・。

床下機器はストック品のダイカスト製を使用しました。
台車は指定のTR50ではなくて、関水金属の20系客車から徴発した空気バネ台車です。
オーバーハングに合わせて長柄のカプラーに交換しました。
やっぱり、昭和のクオリティです・・・。

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

ALFIN FIGURE (SWIMMING COSTUME)

めったに作らないフィギュアを作りました(≧▽≦)
クラッシャージョウのアルフィンですが。
もれなく1/400のミネルバがオマケに付いてくるという(え!?そっちがオマケ?)ので買ってしまいました。
劇場版クラッシャージョウ直撃世代としては、ミネルバとコルドバが「どストライク」です。

あ、コルドバもハセガワからリリースされるようで嬉しいです。
でもオマケのミネルバは後回し(笑)。
ホントはクラッシュジャケット姿の方がイイのですが、塗りワケが複雑そうなので水着をチョイスしました。

200511-1
↑スタンドは仮設。

普段はフィギュアなんぞ作らないので、苦労しました。
でも原型が素晴らしいので、主に塗装だけ頑張りました。
瞳のデカールが付いているので、簡単です。

但し、顔の彫りが深いように思えたので少し眼窩上縁を削って平面な顔にしました。

200511-2
↑振り向かないで♪

クレオスのキャラクターフレッシュ(2)で下地を吹いて、キャラクターフレッシュ(1)でグラデーションを掛けました。
サングラスは「ハセガワトライツール ゴールドミラーフィニッシュ【曲面追従金属光沢シート】(←名前、長っ!)」を奢りました。
ミネルバも頑張ります、っていつになるやら・・・。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

特急みずほを作る その1昼行灯

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
グリーンマックスの旧客の不良在庫がたんまりあります(汗)。
何とか減らしたいので、旧型客車(当時は『一般客車』と呼ばれてました)で編成された、ブルートレインになる前の特急「みずほ」を作ります。
いつも通りフルスケールとは行きませんが、誰が見てもその昔の「みずほ」に見えるように作って行きます。
編成は以下の通りです、今のところは(笑)。

C59+スハフ43+オロネ10+ナロ10+オシ17+オハネ17+オハネ17+スハフ43

機関車はマイクロエースのどーしようもないC59が手元にあるのでそれを使用、客車は全てめちゃくちゃ古いグリーンマックス製品です。
2両あるスハフ43のウチの片方はスハ44からの改造車にします。
で、いきなり行灯を作りました。

200501-1
↑雑な工作ですが・・・。

チップLEDとグリーンマックス「純正」のオプションキット(客車・テールライト用)を使って作りました。
但し、使用したのは集電板とセンターピンのみで、テールライトは光学繊維を使いました。

200501-2
↑その「純正」オプションキット。

行灯さえ出来れば、あとは客車キットの素組みだけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧