カテゴリー「気動車」の記事

2021年9月27日 (月)

古いキハ02で遊んでみた

昔の9ミリゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今回の犠牲タネ車は誰もが持っていた(?)キハ02です。
思い付いて、塗り替えました。

210927
↑例によって、実在しません(汗)。

昔のエンドウのキハ02の色に塗ってみました。
うすめ液で塗装を剥がし、車体をタンと朱色4号、屋根にアルミシルバーを吹きました。
ナンバーは黒文字で印刷したモノを貼りました。
字体はゴシックで、わざと目立つ透明シールにしました(参考にしたHOと同じように)。
長距離特急型列車と同じコンセプトです。

| | コメント (4)

2021年7月17日 (土)

ノス鉄 キワ90 首都圏色 完成ヾ(*´∀`*)ノ

塗装変更が済んでいたノス鉄のキワ90です(≧▽≦)
苦手のナンバーを入れました。

210717
↑未完成レイアウトを行く。

手持ちの貨車用のナンバーインレタを使用したので、若干サイズがオーバースケールです。
あ、主張が強くてイイかも(汗)。
車番はModels IMONのHO1067(1/87 G=12mm)のキワ90首都圏色に倣って、「キワ90 5」です。


| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

ノス鉄 キワ90 塗装変更

引き続きノス鉄です(≧▽≦)
今回はキワ90です。
早速、塗替えました(汗)。

210711
↑いつものように、実在しません(笑)。

Models IMONからHO1067(1/87 G=12mm)のキワ90に首都圏色が製品化されてます。
それがあまりにカッコいいので、ノス鉄でパクッて再現してみました。
車体を分解してMr.カラーのうすめ液に浸して、アッという間に塗装を剥ぎます(イソプロピルアルコールは時間が掛かりすぎ)。
キャラクターホワイトを吹いてからGMカラーの朱色5号を吹きました。
床下のジーゼルエンジンがカッコイイのでディテールが目立つようライトグレーで塗装。
正面にはKATOのオハフ33の梯子の段を間引いたモノを接着しました。
夜勤明けには丁度イイ軽工作です。
あ、苦手な車番のレタリングが残ってます…。

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

また、コンビネーションボードAかいな…。

そう、またTOMIXのコンビネーションボードで遊んでます(≧▽≦)
何回目だ!?
それはともかく(汗)、レールを敷いてみました。

210609
↑ミニカーブレールです。

手持ちのTOMIXのC140を使って、2列車の交互運転が可能なプランを考えました。
一部レールが足りなくて、トラフガーダーとか使っているのはお許しを。
このレイアウトを作る気になった理由がちょっと変わっています。
何気なくPCで動画を見ていると、「針葉樹の作り方」みたいなヤツがあって、その時に使うカラースプレーが行きつけのホームセンターで売っていたので、衝動買いをしてしまいました(スプレーの衝動買いって…)。
で、そのスプレーを使って樹木を作ったら何となくイケてて(笑)、せっかくなら作った樹木を使うために、レイアウトプランを考えました。
一応「鉄道防雪林のあるスイッチバックの信号所(仮)」のイメージで作ってみたいと思ってます。
以前加工したTOMIXのキハ58系の2連がギリギリ走行可能です。

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

キハ58男前化計画

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
今回はその当時誰もが買った、めっちゃ古いTOMIXのキハ58に手を入れます。
もちろん現在のHGと同じようなレベルを目指すモノではありません。
ちょっとの手間で如何にカッコよくなるか、手持ちのパーツを使って加工しました。

210517
↑ビフォー&アフター。

一番の加工点はスカートです。
強度抜群でリレーラーを使ってレールに乗せるときに通電中だと左右のレールを短絡してしまう(車両をレールに置くときは、電源を切りましょう)金属製のスカートを交換します。
丁度フリーのジーゼルカーを作ったときに使って余っていたKATOのキハ40のスカートに交換しました。
コレで断然カッコよくなりました。
ついでにKATOのキハ58の冷房用ジャンパーも取り付けてみました。
ジャンパー栓をMr.カラーのタンに、ジャンパーをタイヤブラックに塗って、それらしい位置にΦ0.7の穴を開けてハメ込みました。
穴が開いただけのヘッドライトにはΦ1.0の光学繊維を突っ込んで、ライトのレンズを表現しました。
点灯なんかしませんが、イイ感じです。
もっと他に加工箇所がありそうですが、コレだけでも相当男前になりました。

| | コメント (2)

2021年5月 4日 (火)

バス窓のジーゼルカー

また、ジーゼルカーを作りました(≧▽≦)
実在しません(笑)。
旧国鉄色のジーゼルカーが欲しかったので鉄コレの雄別鉄道キハ49200Y形を塗り替えました。
以前、朱色とクリーム色に塗ってキハ21タイプを作りましたが、今回のイメージとしてはバス窓のキハ20です。

210504
↑キハ20にみえる?

塗装は前述のように、旧国鉄色のベージュとブルーの塗り分けです。
実車は青3号と黄かっ色2号の塗り分けですが、手持ちの塗料からそれらしい感じの色を選びました。
青はタミヤカラーアクリル塗料ミニのフラットブルーを、ベージュはMr.カラーのヘンプBS4800/10B21を使いました。
テキトーなインレタからナンバーを拾って転写、最後に半艶のトップコートをエアブラシで吹きました。
動力ユニットはチョー古い関水金属のキハ20を使用。
台車枠がネジ止めされている骨とう品で、台車枠を切断しても走行には全く関係ないのでアッサリ切断して(汗)、代わりに鉄コレの動力ユニットの余りのDT19を接着しました。
昨日完成した2両と合わせて、3色の国鉄色が揃いました。

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

2両のジーゼルカー 完成ヾ(*´∀`*)ノ

やっと完成しました、2両のジーゼルカー(≧▽≦)

210503
↑実在しませんが(汗)。

レトロなデザインの軽快気動車と客車改造気動車の2両です。
軽快気動車は形式が「キハ20 2021」、客車改造気動車は「キハ33 9」です。
キハ20はインレタでナンバーが2021と数字が並んでいて転写しやすかったのでこの番号になりました(←テキトー過ぎ)。
キハ33は実物のキハ33が1000番台しかなかったので一桁ナンバーにしてみました。
ほとんどがストックしていた部品から再生したモノです。
だからキハ33には、普段は使用しなくて大量に余っている防護アンテナを取り付けてみました。

コロナ禍でウチで引きこもっているには丁度イイ工作でした。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

2両のジーゼルカー 塗装しました。

塗りました、2両のジーゼルカー(≧▽≦)
種車がオハフ50の方は首都圏色、同じくキハ125の方は国鉄色のツートンです。

210420
↑後ろの1両は気にしないで下さい(汗)。

それぞれGMカラーの朱色5号と朱色4号、Mr.カラーのタンを使いました。
細かい色入れが残ってます。
まだまだ遊べます(笑)。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

2両のジーゼルカー

ジーゼルカーを作ってます(≧▽≦)

210414
↑サフ吹き完了。

実在しません(笑)。
一両はTOMIXのオハフ50に林檎製作所KitchiNのキハ125タイプの「顔」を移植したモノです。
コレは相当昔から、オハフ50がそのままジーゼルカーになりそうな車体だったので、Nゲージでその通りにしてみたいと思ってました。
大昔のTMSにそういう作例が複数ありました。
KATOのキハ20の動力ユニットを取り付けてあります。
もう一両はその林檎製作所KitchiNキハ125タイプの余った側板に、動力ユニットを持って行かれたKATOのキハ20の顔と乗務員ドアを切り継いだモノです。
こちらの動力は手持ちのグリーンマックスの18m級動力ユニットを取り付けました。
いすみ鉄道のキハ20 1303のように国鉄色に塗ってみたいのですが、幕板が狭くて上手く塗り分けられるかどうかわかりません。
もう少し頑張ります。

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

あおぞら電車 なろ急 22号 気動車LD 完成ヾ(*´∀`*)ノ

作っていたNナローの自走客車です(≧▽≦)
やっと完成しました。

210331
↑以前作った湘南顔の気動車と。

Zショーティーの動力ユニットに合わせて全長を詰めました。
まぁまぁな感じです(笑)。
塗装は富別簡易軌道の自走客車の色にしました。
キャラクターホワイトで下地を作り、GMカラーの西武アイボリーを吹きました。
屋根はねずみ色1号、帯はクリアデカールに赤を塗って、帯の幅に切断して貼りました。
最後につや消しのトップコートを吹いて完成ですヾ(*´∀`*)ノ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧