カテゴリー「地方私鉄」の記事

2021年2月23日 (火)

あおぞら電車 なろ急 14号 気動車LB を作る その1

6.5mmのNナローですが(≧▽≦)
津川洋行の日車タイプ2軸気動車 組立キットで作ったNナローの電車に味をしめて、二匹目のどぜうです。
今回は、あおぞら電車さまより発売されている、商品名「なろ急14号気動車LB」で、静岡県に昔あったあの湘南顔風気動車の自由形モデルです。
製品は3Dプリンターで出力されたナイロン製ボディキットです。
動力は津川洋行の2軸気動車で電車を作ったときと同じ、ロクハンのZショーティー用を使います。

210223
↑製品はこんな感じです。

よく特徴をとらえています。
でも、素材のせいか表面処理に時間を使いそうです。
また動力ユニットがコレしかないので仕方ないのですが、オーバーハングが長すぎます。
この2点を何とかしなければなりません。

210221
↑シミュレート。

どうせフリーランスですので、動力ユニットに合わせる形で車体を短縮したいと思います。
せっかく3Dプリンターで出力したモノを切り継ぐとはおかしな話ですが(最初から短縮した車体を出力すればイイ)、「つくる楽しみ(苦しみ!?)イッパイ」で頑張ってみようと思います。

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

日本の枕木(3線)

先日完成したNナロー6.5mmの電車で遊んでます(≧▽≦)
遊ぶには線路が必要です。
で、思いついたのが9mmゲージと6.5mmゲージを一緒に走らせるコト。

210209
↑もっとフツーに遊べや。

モデルアイコンから発売されている「日本の枕木(3線)」というヤツを使って、3線軌条にしました。
製品はその名の通り枕木だけなので、フレキシブルレールから引き抜いたレールを使いました。
9mmと6.5mmが合流するポイントは、先端軌条が壊れたPECOの古い小型ポイントを改造しました。
レイアウト製作への第一歩です。

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

津川洋行 日車タイプ2軸気動車 組立キット(T車)を作る 完成ヾ(*´∀`*)ノ

津川洋行の日車タイプ2軸気動車組立キットです(≧▽≦)
既に2軸でも気動車でもありませんが(笑)。
塗装しました。

210120
↑いつもの塗り分け。

何色に塗るのか考えましたが、メンド臭くなっていつも通りの赤瀬温泉電軌標準色に落ち着きました。
2両ともほとんど同じですが、動力ユニットの関係で台車が違ったり、部品の関係で排障器が違ったりしています。
それ以外は番号の違いだけです。
小さな2両の電車が行ったり来たりするようなレイアウトが欲しいです。

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

津川洋行 日車タイプ2軸気動車 組立キット(T車)を作る その2

津川の小型気動車ですが(≧▽≦)
キットは限定発売ですが、最近再販されたのでもう1両増備しました(←もの好き)。

210114
↑既に「2軸」でも「気動車」でもありませんが(笑)。

ついでに電車化してしまいました(汗)。
アルモデルの「簡易Yゲルキット」と『とて簡シリーズ』の「排障器」を取り付けました。
「温泉行きの軽便電車」に見えたら成功です。
車体の色はどうしよう…。

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

本2冊

本を2冊買いました(≧▽≦)

2101053
↑Amaz〇nから届きました。

どちらもσ(^_^;)の大好きな鉄道(車両)です。
特に北陸鉄道小松線は赤瀬温泉電軌のモデルとなった鉄道です。
同じ国鉄北陸本線の小松駅から延びていた尾小屋鉄道の陰に隠れて(?)地味な存在でした。
しかし、たった5両の所帯でありながら1両ずつ形態が異なるなど、いかにも「模型的」なトコが大好きでした。
京阪5000系は子供の頃から走っていた電車なので、5扉や座席昇降装置が珍しいとは思っていませんでした。
あ、余談ですが私鉄の1つの形式で特集をして本が1冊できるのは、珍しくないですか?
それはともかく、既に第2編成と第7編成が廃車されてしまい、1/31の京阪電車のダイヤ改正以降の活躍がどうなるのか、京橋駅のホームドアの関連からも気になります。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

津川洋行 日車タイプ2軸気動車 組立キット(T車)を作る その1

1/150のジーゼルカーですが(≧▽≦)
銚子電気鉄道ハフの車体をベースに、2軸気動車・単端式気動車・バスケットの有無のいずれか1台を組立てることができるコンバーチブルキットです。
なお、キットは限定品です。
通常発売は塗装済み・動力付きの完成品のみです、しかもお高い・・・。
キットも通常発売して欲しいです。

トレーラー仕様なので動力は別途調達します。
で、好き勝手に調達しました(笑)。

201028
↑ちっちゃい。

動力ユニットはロクハン Zゲージ 「Zショーティー 動力シャーシ ノーマルタイプ」を使用します。
そう、ナローゲージになります。
Bトレと比べても相当小さいのですが、簡単な加工でZショーティー動力シャーシがハマります。
ホイールベースやオーバーハングのバランスがイマイチですが、ちゃんと走る動力がそのまま取り付けられるので大満足です。
この後は軽加工と塗装です。
いつになるのかは、誰にもわかりません(笑)。

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

Bトレいちご電車はハードル高し!!

今更Bトレで遊んでます(≧▽≦)
その昔、和歌山電鐵の伊太祈曽駅でお土産に買った『いちご電車』です。
Bトレ2両ぐらいなら、20分も掛からず組み立て→N化できるだろうと、気軽に暇つぶしする感じで製作を開始しました。
早速開封して驚きました。

201006-1
↑え?真っ白!?

そう、車体の絵柄は自分でシールを貼らなくてはなりません。
鉄コレなら印刷済なのでBトレも車体は印刷済だろうと勝手に思ってました(汗)。
固まってても仕方ないので、デザインナイフでシールを切り取って行きます。
その前に、赤くカスれたトコを「ガンダムカラー・フォー・ビルダーズ RX-78レッド Ver.アニメカラー」(←名前、長いよ)を使ってタッチアップしました。

シールは余白部分をなるべく少なくと思ったのですが、そうすると位置決めが難しくなるので、ある程度まとまった形で貼って行きました。
コレがまたデカールと違って正しい位置に貼るのが難しい!
デカールならテキトーにスライドさせて位置を決めて、マークソフターで仕上げて終わりなのですが、シールは貼り直しの回数が増えると粘着力がなくなって来るので余計に難しいです。
取り敢えず苦労して全部のシールを貼り終わりました。
でも、シールと車体の質感が違うので、正面窓ガラスにマスキングゾルを塗布してから、シールの定着を兼ねてつや消しのトップコートを吹きました。
これで車体は完成ヾ(*´∀`*)ノ
と思ったら、手持ちのパンタグラフがTOMIX製品しかありません。
KATOのPT4806-B-M形パンタグラフ(阪急用)なら無加工で取り付けられますが、TOMIX製品ではそうは行きません。
屋根にパンタ取付用の角穴を合計4カ所開けて(←結構メンド臭い)、やっとパンタが取付られました。

 

続きを読む "Bトレいちご電車はハードル高し!!"

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

鉄コレ 一人えいでんまつり

久しブリの鉄道ネタです(≧▽≦)
以前もやりましたが(笑)、また「一人えいでんまつり」です。
今回は鉄コレです。
最近発売された叡山電鉄700系を買ってみました。

200907-1
↑登場時カラーを2両。

通常販売と叡電オリジナル仕様の2種類です。
パッケージはどちらも全く同じです。

叡電オリジナル仕様は現在のところ、叡山電鉄の出町柳駅のみでの発売ですので、京阪特急に乗って買いに行きました。

200907-2
↑通常品(左)と叡電オリジナル仕様(右)。

何か間違い探しのようですが(汗)、車体のロゴとナンバー、床下機器、台車が違います。



続きを読む "鉄コレ 一人えいでんまつり"

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

改造 小型電車をつくる その2 完成

小型電車が完成してしまいました(≧▽≦)

200326-1
↑Tc+Mcの2両編成。

大昔のTMSの記事ほぼそのままです。


200326-2
↑モハの単行。

特に変わったコトはナニもしてませんが、動力ユニットが関水金属のDD13なので、ボンネットが細い分車内に余裕ができました。
で、乗客と乗務員を乗せました。

続きを読む "改造 小型電車をつくる その2 完成"

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

赤電風の電車を作ってみる

ウグイスが鳴き、ツバメが飛ぶ季節となりました(≧▽≦)
ウグイスと言えば103系、ツバメと言えば青大将を思い出します。
それはともかく(汗)。
昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです。
今回は関水金属の103系です。
今でも販売されているロングセラーの製品です。
その昔は国鉄の電車しか製品化されておらず、私鉄の電車も欲しかったモノです。
そこで主に小学生をやっていたσ(^^;)は、件の103系を前パンにして2両で私鉄電車として遊んでました。

200323-1
↑その名残(前パンは元に戻したようですが)。

時は流れて昭和→平成→令和と変わり、その四十数年前のコトを思い出しました。
ジャンク品の103系でリベンジです(汗)。
タネ車はめちゃくちゃ古いグリーンマックスのクーラーを接着した、コレまためちゃくちゃ古いクモハ103とクハ103です。
とりあえずお手軽に塗装変更でイメチェンです。


続きを読む "赤電風の電車を作ってみる"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧