カテゴリー「客車」の記事

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

ナローの気動車と客車 完成

懲りずに、TOMYTECの1/80ナローゲージです(≧▽≦)
前回塗り替えが終って、レタリングを施しました。

161227
↑一応、完成(v^ー゜)。

ナンバーと社紋はアルモデルの自由形鉄道インレタ【1】と【2】を使用しました。
気動車の方はキハ2、客車はホハフ58です。
ナンバリングの根拠は何もありません(笑)。
キハ2のステップの裏側をプラ板で塞ぎましたが、そうすると窓ガラスがはずせなくなってしまいました…。
ベンチレーターはグリーンマックスのNゲージ用ですが、大きさも形状もピッタリです。
ホハフはベンチレーターを撤去して、穴を塞ぎました。
窓枠もエアブラシを使って塗装しました。
特徴であるHゴムはカラス口を使いました。
2両ともエアブラシを使ってウェザリングをしてありますが、キハの方をわざとキツ目に汚しました。
レイアウトが欲しくなりました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

富井電鉄 猫屋線 キハ1・ホハフ50形 塗り替えてみた

また、TOMYTECの1/80ナローゲージです(≧▽≦)
今回は塗装を変更してみました。

161221
↑赤瀬温泉電軌の標準色です。

一見、尾小屋鉄道風の塗装です。
尾小屋と違うトコは、幕板にも朱色が入ってるコトです。
Mr,カラーのタンとシャインレッドの塗り分けです。
ホハフは窓枠もちゃんと塗りました。
また、ベンチレーターは撤去しました。
細かい色入れとレタリングがまだです。
まだまだ遊べます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

富井電鉄 猫屋線 キハ1・ホハフ50形新塗装

TOMYTECの1/80ナローゲージです(≧▽≦)

161207_1
↑バス窓のホハフ55が欲しくて、「新塗装」を買いました。

スケールは1/80なのでNゲージと比べて大きいのですが、動力化や構造は今までの1/150の鉄コレとほとんど変わりません。
動力ユニットは17mの旧国用を流用する設計です。
今回は珍しく(?)メーカーの説明書通りに動力化しました。
でも、キハのエンジンがあまりにも省略されすぎてます。
そこでGMキットの余りパーツのヂーゼルエンジンを付けてみました。

161207_2
↑床下のグレーのトコが流用したエンジン。

うーん、ほとんど存在感なし(笑)。
黒く塗ったら、余計にわからなくなりそう…。
あ、車体も含めて塗り替えが決定しております。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年10月12日 (水)

KATO EF70 1000

スゴい出来栄えです、EF70(≧▽≦)

161012
↑イメージは寝台特急日本海。

大昔のEF70と比べるのはヤボですが、特に屋根上のディテールは秀逸です。
ついでにナハネフ20の部品を注文して、組み立てました。
既存の20系と連結して日本海を再現できます。

続きを読む "KATO EF70 1000"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

アルナインの2軸客車

暑い日が続いてますが(≧▽≦)
こんな日は空調の効いた部屋で工作するのが幸せです。
そんなワケでアルナインのキットを作ってみました。
片上タイプのハフととても簡単な木造2軸客車です。

160803
↑ちっちゃいものクラブ(笑)。

片上のハフはKATOのチビ客車がタネ車です。
タネ車が無くて困ってましたが、最近手に入ったので、作ってみました。
割と簡単に出来てしまいます。
とて簡の客車は更に簡単で別売りのオプションパーツを取り付けても1両15分ぐらいで形になります。
こちらもトミーナインスケールの貨車の下回りを使いましたが、製造時期により軸距が違うので、テキトーに同じモノを探して取り付けました。
次は
機関車を作りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

KATO 10系寝台急行「安芸」<1967>

特別企画品です(≧▽≦)

151224
↑ナニが欲しいのかわかりやすい(笑)。

寝台急行「安芸」はマイクロエース製品の単品を集めたヤツがあるのですが、KATOのセットの「茶色の客車」2両が欲しくて買ってしまいました。
C59はパスしてしまいましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

恒例!壱弐会 秋の大運転会

昨日と今日は鉄道模型サークル「壱弐会」の運転会でした(≧▽≦)

141026_1
↑着々と準備が進みます。

HOゲージ(手前)とNゲージのレイアウトを組み立てます。

141026_2
↑切り通しモジュールにて。

早速完成したばかりの電機を運転しました。

↑急行「津軽」。

エーダイのED75の重連です。

141026_4
↑EF64の牽く旧客。

EF64は以前改造したヤツです。

141026_5
↑かわね路号。

最後尾に補機の電気機関車がついてます。

続きを読む "恒例!壱弐会 秋の大運転会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

ぼく、トーマス!!

大井川鐵道の続きです(≧▽≦)
前日はアレからまたSL急行に乗って新金谷まで戻り、
焼津インター近くの「唯一関西資本の量販店」を偵察して(←コレ、大事です)、掛川駅近くの木賃宿にチェックイン、夜はコレまた居酒屋での「反省会」でエラい目に会いました・・・。
朝起きてみると、お天気は昨日と違ってドン曇り。
今日が「本番」のハズですが、昨日の方がテンションが高過ぎて(笑)、何かイマイチです。
それでもココまで来たからには手ブラでは帰れません(汗)。

↑ぼく、トーマス!!

不思議な感じでした。
でもやっぱり人出が多いと、最近よく聞く「撮り鉄」の評判の悪さが露呈してました。
昔からの撮影者としては恥ずかしい限りです。
それはともかく、「鉄分」ばかりでは偏り過ぎなので、家山駅近くの「たいやきや」へ。

141004_1
↑有名なお店だそうです。

ゆっくりと店内で静岡おでんや、やきそばなんかを食べたかったのですが、撮影スケジュールの関係でたいやきだけをテイクアウトしました。

141004_2
↑その抹茶たいやき。

線路際で食べるたいやきはサイコーです。
思いのほかお腹が膨れました。

141004_3
↑帰りのトーマス。

お天気のせいで、コンデヂではツラい撮影環境でした。

↑名撮影地ですが・・・。

スゴい人だかりでした。
やっぱり撮影は静かなトコがイイです。
他人と同じコトはしなくてもイイと痛感しました。
天気も良くないので、早目に切り上げて、帰宅の途につきました。

141004_4
↑ベタなお土産。

お土産もコレといったモノが思いつかず・・・。
何か尻すぼみの撮影記になってしまいましたが、楽しかったコトには間違いありません。
一緒に楽しんだ、OK先輩(仮名)、H氏(仮名)、オカモト氏(多分、仮名)、ホントにありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

越すに越されぬ大井川

行って来ました、大井川鐵道(≧▽≦)
お目当ては、大人気の「きかんしゃトーマス」ですが、今日は走りません(汗)。
いわゆる「前乗り」です。
一路新東名を東へ向かいます。

141003_1_2
↑着いた。

すぐに今日の「SL急行」の指定券を調達しました。
「トーマス号」と違って、空いてました。

141003_2
↑スハフ43他。

早速駅構内を探検します。

141003_5
↑転車台上のC12。

141003_6
↑「見慣れた」近鉄特急。

あまり状態は良くありません。

141003_7
↑クラの中にチラッと見えるのは!?

141003_3
↑今日の「かわね路号」の客車。

141003_4
↑今日の「かわね路号」の牽引機。

今日のSL急行の牽引は、このC11 190の予定でしたが…。



↑客車2両を牽いて、検査後の試運転。

C56 44が家山駅までの試運転に出発して行きました。
ところがSL急行発車間近になって、案内放送がありました。
「SLが故障したので、発車時間が遅れます」というコトでした。
どうやらC11 190の調子が悪いらしく、他のSLでの運転になりそうです。

141003_8
↑慌しく構内の入換が始まりました。

係員総出での入換作業です。
狭い構内を色んな車両が行ったり来たりします。
そうこうしているウチに、SLの段取りがついたらしく、乗客は客車でお待ち下さいというコトになりました。



141003_9
↑懐かしい旧客の車内。

でも、一向に先頭にSLが連結されません。
どの機関車を使うのかわかりません。


141003_10
↑バック運転。

しばらく待っていると、「すごい勢いで」C56が帰って来ました。
どうやら試運転を切り上げて、途中から戻って来たようです。

続きを読む "越すに越されぬ大井川"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧