カテゴリー「国鉄」の記事

2020年1月14日 (火)

Shop-KIHA キハ08

16番ゲージのキハ08のペーパーキットです(≧▽≦)
ペーパーキットには今まで縁がなかったのですが、Shop-KIHAさんで発売している組立済み車体が10周年記念キャンペーン価格だったので、試しに購入してみました。

200114
↑もう形になってます。

去年予約していたモノが今日届きました。
やはり細かいところは自分で手を入れなければならないのですが、ちゃんと水平と直角が出ている半完成車体は魅力的です。
但し自分で作ったモノではないので、接着の方法や強度などがわかりません。
車体は軽くホワイトサフを吹いてあるので、ディテーリングはラクだと思います。
華美にならないよう(笑)、あっさり作って行こうと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

TOMIX 485系1500番台 但し、旧製品

TOMIXの485系1500番台で遊んでます(≧▽≦)
もちろん最新のHG製品ではなくて、昔のベーシックセットに入っていたヤツです。

200108
↑クハを重点的に加工。

TOMIXが当時最新だった485系1000番台を発売した後、延々とマイナーチェンジを繰り返し辿りついた(笑)1500番台です。
製品は屋上のヘッドライトが2灯で連結器が自連という1500番台の特徴を再現していますが、いかんせん元々は昭和に製品化されたモノなので、突っ込み処満載です。
そこが加工のしどころで、いつも通りフルスケールには程遠い485系になりましたが。
ヘッドライト部分には銀河のライトケーススリムを使用したので俄然カッコ良くなりました。
実車はテールライトのみ外ハメ式で形状は異なりますが、こっちの方がカッコいいです(^^;。
どーせならと、愛称も「いしかり」とはせずに違うものを考えました。
実際は「さちかぜ」も候補にあったようですが、北海道らしい愛称というコトで「カムイ」「エルム」としました。
前後のクハで2種の愛称にしたのは、どちらかに決めることが出来なかったからです。
PCで原版を作ってシールに印刷したものを貼りました、文字だけなので簡単です。
中間の連結器はKATOカプラー/密連形♯2新性能電車用に交換しました。
運転台内部を淡緑色で塗装して、車体のドアの下部の赤色のカスれをタミヤのフラットレッドでタッチアップするとまた一段と良くなります。
今年もこんな感じで遊んで行こうと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします(≧▽≦)

200101
↑クモヤ191 50番台

あ、元旦から仕事ですが(泣)

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

アリイ ブルートレイン客車を作る その4

マイクロエースHOゲージ 1/80イージーキットを作ってます(≧▽≦)
今回はカニ24です。

191217-1
↑車体はまだ何も加工してません。

製品にはTR217台車が付属していますが、実車はコイルバネのTR66が使用されているので交換します。

191217-2
↑TR66Bのつもり。

テキトーな台車をと物色しているとTOMIXのDT21が使えそうなので、コレを使用します。
但しお値段がプラキットの車体とほぼ同額です。
金属製の台車より少しはお安いのですが・・・。
で、この台車は両軸集電仕様です。
将来ナニか使えるかもしれないので(笑)、燐青銅版を使って集電可能なように準備工事をしました。

続きを読む "アリイ ブルートレイン客車を作る その4"

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

アリイ ブルートレイン客車を作る その3

マイクロエースHOゲージ 1/80イージーキットを作ってます(≧▽≦)
今回はオハネ25です。

191210
↑3両です。

少しでも長い編成にしようと思って、3両購入しましたがメンド臭いです(汗)。
加工内容はオロネ25と同じです。
太過ぎる帯のモールドをカッターとペーパーで削り取りました。
で、オロネと同じく床下機器が前後左右逆なので、180°反転させて取り付けました。
取り付け高さも1.5mm下げました。
トイレタンクもオロネ同様です。
この後、カニ・オハネフと続きます・・・。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

アリイ ブルートレイン客車を作る その2

マイクロエースHOゲージ 1/80イージーキットを作ってます(≧▽≦)
今回はオロネ25です。

191202
↑白サフを吹きました。

オシ24のようにモールドされている帯をカッターとペーパーで削り取ってしまいます。
このオロネ25のキットですが、ストレートに組み立てると床下機器が前後左右逆になってしまいます。
取り付けるときは水タンクが通路側床下に来るようにします。
ついでに取り付け位置も1.5mm程度下げるとカッコ良くなります。
さらにどういうワケか妻板にテールライトがモールドされていますが、不要なので削り取ります。

また、車端部床下にエンドウのトイレタンクを取り付けてみました。
カプラーもエンドウのドローバー(発生品)です。
この後、カニ・ハネ・ハネフと続くハズです・・・。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

アリイ ブルートレイン客車を作る その1

禁断の(笑)マイクロエースHOゲージ 1/80 (イージーキット)です(≧▽≦)

191129
↑作り始めてしまいました。

クモヤに気を良くして、またもやプラモデルを作ってます。
今回は24系25型です。
今まで沢山の方が完成させてますが、σ(^^;)も何とか作ってみようと思い立ちました、思い立たんでもイイのに。
特にディテールにこだわるコト無く、楽しく作ります。
色々とうるさいコトを言っていると完成しませんし、うるさく言うならちゃんとした(?)完成品を買うべきです。
と、言い訳をしてますが、ビンボーなので最低限の加工にしておこうというのが本音です(汗)。
早速オシ24を加工しました。
帯のモールドがあまりにも大げさなので、カッターとペーパーで削り取ってしまいました。
ホワイトサフを吹くと、それなりに見られるようになりました。
この後、カニ・ロネ・ハネ・ハネフと続くハズですが・・・。

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

エンドウ キハ10

古いエンドウのキハ10です(≧▽≦)
縁あって最近入手しました。

191101
↑相当古いです。

小学校4年生の時に近所の友人がエンドウのキハ17を持っていて、そのときに車内灯やヘッドライトが点灯するのを見て、流石にHOゲージは9mmゲージとは違うモノだと羨ましく思いました。
そう、当時のNゲージはヘッドライトが点灯する製品はごく僅かで高価なものしかありませんでした。
車内灯の点灯などとんでもないコトでした。
当然σ(^^;)はそんな高価な製品は持っていなくて、関水金属の20系客車か貨車とモ-ター車のない103系が全てでした。
それから40年、やっと手に入れました。
古くて汚れがあり美品とは言えませんが、塗装のハガれも無く、片面にしかなかった車番のシールを撤去して(後日インレタで再現するつもり)、カプラーをKDに変更、動力装置の整備を行っただけで何とか見られるようになりました。
大切にしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

ガラクタ集めて、クモヤ191系50番台 完成

HOゲージのフリーの電気試験車が完成しました(≧▽≦)
去年の今頃に製作を思い付いて、今日完成です(汗)。

191008-1
↑やっと完成。

すでに正月過ぎには基本塗装が終わってましたが、スーパークリヤーの完全硬化を待って作業を進めていました。
それにしても車体の塗装をしてから9ヶ月は長過ぎです(反省)。
長く掛かったのは理由がありまして、ただ単にプラモデルを走行可能にするだけでは芸がないので、ちょっとだけ遊んでみました。

続きを読む "ガラクタ集めて、クモヤ191系50番台 完成"

| | コメント (2)

2019年9月18日 (水)

陸羽東線のジーゼルカーを作る

グリーンマックスのキットで遊んでます(≧▽≦)
急にナニか始めるのはいつものコトですが、今回は古い時刻表がきっかけです。

190918-1
↑もちろん「国鉄監修」です。

σ(^^;)が生まれて初めて東北ワイド周遊券(←懐かしい)を使って、東北へ旅行に行ったときに使った時刻表です。
その中に「車両シリーズ」という、毎月国鉄の車両を紹介するページがありました。

190918-2
↑このときはキハ23・45形でした。

タイトルには陸羽東線を行くキハ23・45と最後尾にキハ48が連結された列車の写真が使われてました。
で、懐かしさのあまり(笑)GMのキハ23・45のキットと、中古品で手に入れたマイクロエースのキハ48とでこの編成を再現してみました。

190918-3
↑4両編成。

キットはほぼ素組みで、朝から組み立てて床下の塗装もして昼過ぎには完成(車番はまだですが)しました。
キハ48はTNカプラーに交換してTOMIXのキハ40系用のスカートを取り付けました。
実際にこの列車に乗ったワケではありませんが、何十年か前の旅行の記憶が甦ります。

続きを読む "陸羽東線のジーゼルカーを作る"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧