« 木造有蓋緩急車 ワフ 組立完了 | トップページ | 壱弐会 秋の大運転会開催! »

2019年11月 8日 (金)

木造有蓋緩急車 ワフ2 完成

作っていたワフが完成しました(≧▽≦)
σ(^^;)としては異例の速さで完成しました。

191108-1
↑後姿はどうでしょう?

ホントはもっと時間を掛けてというか、部品を揃えるのに時間がかかるハズだったのですが、勤務明けにたまたま某ホビースクエア(笑)に立ち寄る機会があって、全てのパーツを揃えてきました。
部品が揃えば塗装をするだけなので、話は早いです。しかも簡単な単色塗りです。
クレンザーで洗浄後にミッチャクロン・マルチを吹きます。
約20分後に、屋根はキャンバス張り風にするのでサフェーサーを遠くから吹いて表面をザラザラにします。
その屋根はMr.カラーのタイヤブラックにフラットベースを入れてガチマットにしたモノをエアブラシで吹きました。
車体は「黒」ですが、ちょっとだけ(やむを得ず)工夫をしました。
まず乗務員室をテキトーなクリーム色(今回はMr.カラーのレドームを使いました)を吹いてから車内をマスキング、車体の塗装に備えます。

車体はつや消し黒に塗りたいのですが、そうすると塗装後に貼る車番などのデカールがシルバリングを起こしたりして貼り難くなります。
なので、車体はピカピカの艶あり黒を吹いてしまいます。
車番や社紋はアルモデル製のインレタを一旦クリアデカールに転写してから、マークソフターをビシバシに効かせて車体に貼り付け(車体の木目表現がオーバーで、直接インレタの転写は難しいです)、最後にデカールの定着も兼ねて全体にトップコートのつや消しを吹きました。
車輪はエンドウのスポーク車輪、カプラーは指定のKDのNo.58ではなくて、手持ちのNo.5を取り付けました。
窓ガラスはポリカーボネイトです。

191108-2
↑コレで一応編成になります。

貨車一両に随分苦労しました(--;)。
編成モノを作る方には頭が下がります。
Cタンクがワフのディテールに負けてしまってますが、最低限度の編成として遊ぶコトができます。

|

« 木造有蓋緩急車 ワフ 組立完了 | トップページ | 壱弐会 秋の大運転会開催! »

鉄道模型」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

地方私鉄」カテゴリの記事

キット」カテゴリの記事

貨車」カテゴリの記事

フリーランス」カテゴリの記事

HOゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木造有蓋緩急車 ワフ 組立完了 | トップページ | 壱弐会 秋の大運転会開催! »