« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月26日 (水)

1/48零戦、まだまだぁ

まだ作ってます、零戦(≧▽≦)
またキットを買ってしまいました。

190626
↑ナニか変ですが。

翼端を切り落とした三二型のようになってますが、後でちゃんと「二一型、折りたたみ翼だ」へ改造します。

今日はコレくらいにしておきます。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

水無月の大祓

もう今年も残すところ6ヶ月余りとなりました(≧▽≦)
半年のウチについた「罪・けがれ」を祓い清めるため石清水八幡宮へ行きました。

190625-1
↑茅の輪くぐり。

茅の輪をくぐることにより、無病息災や厄除け、家内安全を願う行事が「茅の輪くぐり」です。

190625-2
↑イイ天気です。

ちゃんとお参りもしました。
ついでに周辺を散歩します。

190625-3
↑展望台より。

天気も良くていい眺めです。
そろそろ梅雨入りのハズですが・・・。

続きを読む "水無月の大祓"

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

1/48 零式艦上戦闘機二一型 グレーを塗る

やってます、零戦(≧▽≦)
機体の塗装とデカールを貼りました。

190612
↑後ろに4機目のキットが・・・。

零戦の機体の色は色々と言われてきました。
σ(^^;)は明るいグレーで「刷り込まれて」ますが、どうやらホントは違うらしいです。
ガキ子供の頃から信じて疑わなかった明灰白色という色は、「零戦はグレー」というコトを説明(?)するために作られた名称で確実な根拠はナニもないそうです。
で、ちょっと前にはその明灰白色を完全に否定するような薄茶色(『飴色ガカリタルモノ』と表現してますがどう見ても薄茶色)だったと発表されました。
確かに当時の白黒写真を見ると「白に近いライトグレー」ではなさそうなので、明灰白色ではないという意見は尤もです。
でも零戦のキットに件の飴色を塗るとカッコ悪い!!
最近になってその薄茶色というのは下地のプライマーの上に塗ったグレーが劣化して退色し、プライマーの茶色が透けて見えてしまっている状態という結果に落ち着くようです。
やっぱり零戦はグレーでした、安心しました(笑)。
そのグレーですが白と黒を混ぜた単純なグレーらしく、光沢があり明灰白色よりかいくらか暗めのグレーのようです。
そこで思い付いた色が「ねずみ色1号」。
その昔「防空鼠色一号」という呼び名のグレーがあったそうで、それなら鉄道カラーのねずみ色1号を塗ってしまえというコトでGMカラーを塗りました。
下地にマホガニーを吹いたので若干暗い仕上がりになりました。
デカールを貼ってから光沢のスパクリを吹いて、さらに暗い色になったのは誤算でした。
でも太陽光の下では思ったような色になったと自負してます。

続きを読む "1/48 零式艦上戦闘機二一型 グレーを塗る"

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

SL「やまぐち」号 40周年記念

ビールです(≧▽≦)
記念缶です。
西日本地区限定発売だそうで。

190606
↑近所のスーパーで売ってました。

ヨメはんが見つけて買って来てくれました。
絵柄はC57 1です。
D51 200バージョンとかもあったらよかったのに。
あ、中身はフツーにサッポロ黒ラベルで、いつもの通り大変美味しくいただきました。

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

1/48 零式艦上戦闘機二一型

ヒコーキです(≧▽≦)
突然零戦が作りたくなったのは、いつもの通り(汗)

190603-1
↑上からハセガワ、タミヤ、フジミ。

1/48のキットならハセガワ製品が決定版と言われてますが、3種類のキットを作り比べます。

190603-2
↑左からハセガワ、タミヤ、フジミ。フジミの胴体は明らかに太い・・・。

それぞれ一長一短があります。
ハセガワは流石に最新のキットだけあってプロポーションも素晴らしいのですが、3個の中で胴体の左右貼り合わせに唯一パテを使って隙間を埋めなければなりませんでした。
タミヤは胴体と主翼の接合部に相当な隙間ができます。
フジミはリベットの凸モールドが邪魔ですが、胴体や主翼の接合部がピッタリ合います。
ハセガワのキット1個でタミヤとフジミのキットがセットで買えます。
その一番安いフジミのキットが最も作りやすいのは意外でした(リベットのモールドには気を付けて)。
プロポーションや値段を考えればタミヤのキットが無難ですが、思ったより手が掛かりそうです。

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »