« 平成最後の夏休みは、伊勢 | トップページ | EF63改造パーツ »

2018年8月22日 (水)

車種の不足をなげくより自分で生み出せ!

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
TMS特別増刊号PLAY MODEL ’78 SUMMERに掲載されていた記事ですが。

180822_1
↑挑戦的なフレーズ。

当時σ(^^;)は中学生でしたが、この記事を読んでED76が作りたくなりました。
当然中間台車のセミスクラッチなどできるハズも無く(近所の行き付けの文房具屋にはプラ板なんか売ってないし)、コキ10000のTR203台車を加工して中間台車を作り、EF70をED76に「変身」させました。
その後TOMIXのDD51の中間台車に交換して遊んでましたが、いつか忘れ去られました・・・。
それから40年、久しブリに取り出してみて、ちゃんと作ってやりたくなりました。
中間台車はチョー古いDD51のヤツをそのまま流用するコトにして、記事通りの寸法にプラ角棒とプラ板を使って水タンクを作りました。
但し、このDD51の中間台車は少し大きめに作られているらしく、床下機器は相当タイトです。
ついでに補強も兼ねて、送水パイプをφ0.7真鍮線で再現しました。

180822_2
↑ED76に見える?

車体はナンバーを削り取ってペーパーで表面を整えてから、タミヤのサフを吹いて塗装に備えます。
タネ車が相当古い関水金属のダイカストブロックが左右に分かれていない朱色車体で銀屋根の、ヘッドライトが点灯しない骨董品でしたが、ギヤに注油しただけで快調に走るのは流石です。

|

« 平成最後の夏休みは、伊勢 | トップページ | EF63改造パーツ »

鉄道模型」カテゴリの記事

電気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153512/67085284

この記事へのトラックバック一覧です: 車種の不足をなげくより自分で生み出せ!:

« 平成最後の夏休みは、伊勢 | トップページ | EF63改造パーツ »