« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月26日 (水)

津川洋行のジーゼルカー

またまた、昔のNゲージで遊ぶシリーズ(汗)です(≧▽≦)
今回は、津川洋行のジーゼルカーです。

150826_1
↑この3両。

他に、南部縦貫鉄道のレールバスが製品化されてますが、σ(^^;)は幸か不幸か(笑)持ってません。

150826_2
↑鉄道省キハ40000。

コレはモーター付きで、ちゃんと走ります。
近日再販予定だそうですが、結構なお値段がします(--;。

150826_3
↑夕張鉄道キハ202。

塗装とレタリング以外、ナニもカモ実車と違いますが、キハ07のつもりで何とかしたいと思ってます。

150826_4
↑国鉄キハ10。

一応キハ10に見えるキットです。
ハメ込めないハメ込みガラスや、盛大なバリを何とかすれば何とかなりそうですが。
いずれの車両もマトモな改造や加工をするのは大変そうですが、こんなモンで遊んでみるのもイイかも知れません(涙)←って、泣いてるやん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

急行形ヘッドマーク

昔のNゲージで遊ぶシリーズ(笑)です(≧▽≦)
今回はGREEN MAXの電車用急行形ヘッドマークです。

150822_1
↑懐かしいです。

縁あって、何とか2個入手できました。
1つのシートで4種類各1個しかないので、絶対に「前後用」に2個必要です。

150822_2
↑左端のコレが欲しかったんです。

以前製作した153系急行「宮島」のためにずっと探していました。
っていうか、製作前から色々と探し回ったのですが見つからなかったので「止むを得ず」比較的簡単に入手可能なヘッドマークを取り付けていたのですが、やっぱり「昭和のNゲージ」にはこのヘッドマークが欠かせません。
そんなワケで、これから交換作業を行いたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

モテックス警笛装置

昔のNゲージで遊ぶシリーズ(?)です(≧▽≦)
その昔、宮沢模型から発売されていた、9mmゲージに搭載可能な警笛装置です。

150811_3
↑当時のTMSの広告。

その警笛セットとは、ズノウ・スイッチ(説明書ママ)と超小型電子ブザーのセットを車体に組込み、お好みの場所の線路上にマグネットを取り付ける事により踏切手前、トンネル手前等で警笛をオートマチックに鳴らすことができるユニークな装置です。

150811_1
↑実際のセット内容。

TMS増刊PLAY MODEL ’79 WINTERにも詳しい説明が載ってます。

150811_2
↑その記事。

まだナニに取り付けるか決めてませんが、モテックス発売当時の車両に取り付けようと企んでます。
丁度このPLAY MODELの「製品の紹介」にGMのクモユニ82・クモニ83のキットが新発売と掲載されています。
そのキットはウチにもありますが(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

伊吹山へ

かねてからのヨメはんのリクエストです(≧▽≦)
「伊吹山にお花畑を見にゆくツアー」です。
チビ1・2号は学校やらクラブやらで忙しいようで、ヨメはんとヒマを持て余しているチビ3号を連れて行きました。
伊吹山は山頂近くまで自家用車で行くコトができるので、「山というのは下から眺めるモノだ」と信じて疑わないσ(^^;)でも気軽に登るコトができます。
伊吹山ドライブウェイの入口から約30分、難無く標高1,230メートル(9合目)のスカイテラス駐車場に到着しました。

150804_1
↑路線バスもフツーに走ってます。

150804_2
↑駐車場から山頂を望む。

「下界」は今日も猛暑日ですが、山頂近くは過ごし易い気温です。

150804_4
↑ホントは琵琶湖が見えるハズですが…。

山にはガスが掛かっていて、眺望はイマイチですが、おかげで涼しくて絶好のハイキング日和(?)です。

150804_3
↑芭蕉の句碑。

早速、山頂を目指します。

続きを読む "伊吹山へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

KATO C12 後から前から 

KATOのC12のフロントカプラーを交換しました(≧▽≦)
付属品の「下から生えているような」重連用カプラーが気に入らず、何とかしたいと思っていました。
従台車がちゃんと連結できる(←当たり前ですが)のなら、先台車も同じ構造にしたら連結できるのではないかと思いついて、ちょうど発売されたASSYの従台車をゲットして、工作に掛かりました。

150801_1
↑こんな感じで。

従台車をナックルカプラーをハメ込むピンの直後で切断して、先台車の前方へセメダインPPXを使って接着しました。
もちろん、お互いの部品を削る等して、ちゃんと「合体」出来るように調整をしましたが。
思ったより先輪が大きく、そちらとも当たらないように一部を切除するなどしました。
せっかくの排障器も切り取ってしまいました(涙)。

150801_2
↑φ0.5真鍮線で補強。

補強のため「J型」に曲げた真鍮線を、予め開けた穴に差し込んで、一緒に接着剤で固めました。

150801_3
↑車体の加工。

フロント部分は、リアの従台車側と同じ寸法だけ切り欠きました。
この切り欠きも先台車を取り付けると案外目立たなくなります。

続きを読む "KATO C12 後から前から "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »