« 鉄コレ 東武鉄道ED5060形ですが…。 | トップページ | 越すに越されぬ大井川 »

2014年9月28日 (日)

鉄コレ富山地方鉄道10030形(第3編成)2両セット

鉄コレの富山地鉄10030形です(≧▽≦)
発売されてしばらく経ちましたが、忘れていたワケではありません(汗)。

1409282
↑やっとNゲージ化。

メーカー指定通りにNゲージ化すれば簡単なのですが、そうするとマイクロエースの富山地鉄10030形とほとんど同じ形態になってしまいます。
それでは面白くないので、台車と主電動機を換装する前の状態になるようにしてみました。
あ、いつも通りフルスケールとかではなくて、台車を指定のDT32ではなく、FS510を使ってみただけです。
動力ユニットにはこの台車枠が同封されてますが、T車(模型の)用の台車をドコからか調達しなければなりません。
GM(クロスポイント?)からも発売されてますが、鉄コレのどれかの車両からトレードするのが簡単です。
ジャンク箱を漁っていたら、今日になって「発見」しました。

以前鉄コレの富山地鉄で遊んでたときに余った台車でした。
ウチでは富山地鉄の車両が「一大勢力」になりつつあります…。

|

« 鉄コレ 東武鉄道ED5060形ですが…。 | トップページ | 越すに越されぬ大井川 »

京阪」カテゴリの記事

地方私鉄」カテゴリの記事

鉄コレ」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

うちも富山地鉄はけっこうな勢力に…
なんかハマりますね。

投稿: いけだ ひろし | 2014年10月 3日 (金) 23時22分

お久しぶりです。
地鉄一族、私の所も大所帯になりつつあります。
お、置き場所がぁ…。(苦笑)

さて私はMAのを持ってないですが、鉄コレ増備で同じことをやると思います。
さてMAのも鉄コレも、前面ライト脇にある小箱が再現されて無いのは何ででしょうねぇ。
正体が気になり、小松市民時代に軽く調査しました。
着ぐるみ着用の上、「箱の中身はなぁんですかぁ〜⁇」
と聞くことはせず(苦笑)、ホームの端から盗撮(!)して分かりました。
正解はアイフォン6…モトい、タイフォンでした。
しかし、自力で再現もそう難しいことは無いハズが、延々放置プレイ中(苦笑)。

※富山駅からジョー○ンまで、私は地鉄南富山駅からトホホ連絡してました。
地鉄では2経路あって、路面電車で200円、鉄道線で300円。元京阪やけど本数は少なく、路面は安くて吊りかけ音を楽しめる…と、毎回密かに悩みました。あと、富山駅レンタサイクル利用や果ては全部トホホ連絡もしました(笑)。

※小松駅前の元大和の建物、綺麗に取り壊されましたね。
利用方法は決まったんかなぁ⁈
コマツの敷地やった敷地の一部は更地になったあと、子供向けの科学を体験出来る施設が出来るみたいです。
小松駅前、コマツの黄色いダンプカー(?)にクハ489と、賑やかになりましたね。

※松任のEF70&旧客はどうなったんやろ…⁈

例によって長々と失礼しました。

投稿: 大ヨト | 2014年10月 4日 (土) 09時44分

いけだ ひろし さま。

特定の鉄道会社の車両が集まって来るというのは、いいモンですね(笑)。
あまり集まりすぎるのも困りますが…。

投稿: てつ@お父さんの困った趣味日記(≧▽≦) | 2014年10月 5日 (日) 18時56分

大ヨト さま。

こちらこそご無沙汰を致しまして、申し訳ありません。
最近は「北陸ネタ」に乏しく、盛り上がりに欠けております(笑)。
小松駅前や小松製作所も更地になりましたか。
子供の頃の風景も残り少なくなりました、っていうかもうナニも残っていないような気がしますが。
今、石川県では北陸新幹線で大盛り上がりですね。
そう言えば、σ(^^;)がガキの頃から祖母が「もうすぐ北陸新幹線が来るんよ」と言ってましたが、来春いよいよ実現します。
そのガキの頃の「北陸新幹線」のイメージは大阪から金沢・富山に行くと思ってたのですが、東京に行ってしまうんですね…。
松任の「なかよし号」は夏に解体が決まったので、もうなくなってしまってるかも知れません。
※ニュースソースは北國新聞です(笑)。

投稿: てつ@お父さんの困った趣味日記(≧▽≦) | 2014年10月 5日 (日) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153512/60389292

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレ富山地方鉄道10030形(第3編成)2両セット:

« 鉄コレ 東武鉄道ED5060形ですが…。 | トップページ | 越すに越されぬ大井川 »