« TMS 2014年6月号 | トップページ | バラを見に行く »

2014年5月26日 (月)

懲りずに、レイアウトプラン

また、レイアウトプランを思い付きました(≧▽≦)
鉄道模型サークル『壱弐会』で、レールを撤去した
不要なベースボードを貰ってしまいました。
サイズは、900×450です。
手持ちのTOMIXのファイントラックを使って、考えてみました。

140526_3
↑数字がうるさいですが。

最小曲線半径は177ミリですが、全てのカーブの入口(?)には緩和曲線を採用して、市販の車両ではSLやF級電機を含む一部の車両が通過できますので、テキトーに遊べそうです。
一応、「スイッチバックの駅」を想定してます。
側線の有効長は、21メートル級車両の3連が入線可能です。
PR280-30から分岐する部分は2両分しかありませんが…。
そのスイッチバックに似合いそうな115系やEF64も運転可能です。
完成するかどうかは、誰にもわかりません(笑)。

|

« TMS 2014年6月号 | トップページ | バラを見に行く »

レイアウト・ジオラマ」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153512/59710205

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りずに、レイアウトプラン:

« TMS 2014年6月号 | トップページ | バラを見に行く »