« SANZEN-HIROBA | トップページ | 48(forty eight)!! »

2014年3月16日 (日)

153系 急行「宮島」 その5

前回の続きですが(≧▽≦)
153系の急行「宮島」を作る発端となった、
中村精密のキットのスロハ31→オヤ35を塗装しました。
このオヤ35は、キットではスロハを使用しますが、実車の種車はスロハフです。
で、キットにはテールランプをモールドした緩急車用の妻板が「オマケ(?)」で付いているのでそれを使用、床下の水タンクを省略して、貫通扉をプラ板で塞ぎ、あとはインスト通りに組み立てました。
なお、実車とはテールランプの位置が異なりますが、知らんプリです(笑)。

140316
↑ついでにサロの妻板のオレンヂを塗装。

塗色はおなじみ「湘南色」ですが、緑2号はMr.カラーの鉄道色の緑2号(オリーブグリーン)を使いました。
GMカラーに比べるとあまりオリーブ色が強くなくて、KATOの車両と並べると違和感がありません。
お気に入りのカラーだったのですが、絶版になって久しいのが残念です。
全体を緑2号に塗装後、マスキングしてからにじみ止めのためにもう一度軽く緑2号を吹きます。
このときついでにサロ152の回送用運転台の妻板の窓周りにもオレンヂの帯を入れるので、同じようにマスキングをしてにじみ止めのため、緑2号を吹いておきました。
すぐに黄かん色(コレはGMカラーを使いました)を吹くと発色が良くないので、一旦キャラクターホワイトを吹いて下地を作ってから、黄かん色を吹きました。サロ152も同じ行程です。
屋根はテキトーなダークグレーです。
マスキングテープをハガすと、旧型客車には似合わない湘南色が出現しました。
まだ細かい作業が残ってますが、着々と進行してます。

|

« SANZEN-HIROBA | トップページ | 48(forty eight)!! »

キット」カテゴリの記事

国鉄」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153512/59304076

この記事へのトラックバック一覧です: 153系 急行「宮島」 その5:

« SANZEN-HIROBA | トップページ | 48(forty eight)!! »