« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

宇宙戦艦ヤマト2199 〔6〕

DVDです(≧▽≦)
もう第6弾ですが、後発のTV放送が迫って来てます(笑)。

130727
↑最終の第7弾まで、もうすぐです(ちなみに第7弾は発売日が延期されました)。

今回は、前半の約60分は『男の浪漫』満載でしたヽ(´▽`)/。
ネタバレになるので詳しくは言いませんが、やっぱり「七色星団の戦い」はイイですぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

光の超戦士、再び…。

先日の続きです(≧▽≦)
飽きもせず、ウルトラマンをいぢってます。
せっかく目が光るのですが、ウルトラマンにしてはちょっと黄色っぽ過ぎです。
そこで、LEDを交換しました。
理想は「電球色」ですが、手持ちの部品が白色しかなかったので、そちらにしました。
慎重に分解して(かなり力技が必要)、ついでにスイッチの回路も短絡させて、いつも発光していられるようにしました。

130721_1
↑初代ウルトラマンらしくなりました。

白色LEDですが、イイ感じになりました。
で、スイッチを短絡しているため、電池が無くならない限りずっと光りっぱなしです。
それも具合が悪いので、買ってきたときに「背中に挟まっていた」絶縁材を参考にしました。
絶縁用のテープ(?)を撤去した後には背中に無意味なスリットが残ってしまっています。
ソコにテキトーな寸法に切ったブリスターパックの帯を差し込みました。

130721_2
↑絶縁&消灯しました。

何か刃物が刺さってるみたいですが、気にしません。

続きを読む "光の超戦士、再び…。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

光の超戦士シリーズ

バンダイ『光の超戦士シリーズ』ウルトラマンとウルトラマンタロウです(≧▽≦)
劇中さながらの光とプロポーション、背中のボタンを押すと、目とカラータイマーが光るというモノです。
実際に使われているスーツの寸法を3Dデータに読み込んで製作されたので、プロポーションは完璧というか、TVのウルトラマンそのものです。
但し、可動箇所はほとんどありません。

130719
↑劇中さながらの…。

いわゆるフィギュアなど無縁だったのですが、思ったよりリーズナブルなお値段に釣られて、いつもの唯一関西資本の大手量販店で買ってしまいました。
これまでウルトラマンの玩具と言えば、関節フル可動でアクションポーズが可能というのはありましたが、「発光する」という製品は知りません。
まぁ、エエ歳コイたオヤヂが、ウルトラマンでガシガシ遊んだりするのも痛いので(笑)、コレぐらいが楽しいです。
で、何でコレが急に欲しくなったかと言うと、また昔の話になりますが、ガキ子供の頃はよくデパートの屋上の遊園地(昔はほとんどのデパートの屋上に必ずあった)等で「ウルトラマンショー」みたいな催しがありました。
怪獣の着ぐるみが出てきて、生意気なジャリ共子供たちをコワがらせて、みんなで「ウルトラマ~ン!!」と呼ぶと、コレまた等身大のウルトラマンが出てきて怪獣をやっつけるというアレです。
なぜ巨大化して怪獣をやっつけてしまわないかと不思議に思っていたのですが、そのウルトラマンは巨大化できなかったのです。
そう、遊園地のウルトラマンは「ニセモノ」だったのです!!
なぜそれがわかったかと言うと、目とカラータイマーが光ってなくて、ペイントで表現されていたからです。
小学校低学年頃のσ(^^;)の経験です。
それ以来、目とカラータイマーが光っているウルトラマンが「本物」で、その他はバッタモンという「刷り込み」が出来てしまいました。
もちろんオモチャも目やカラータイマーが光ったりはしません、「ニセモノ」です。
このようなヒネくれた幼少時代を送り、21世紀の今日になって、やっと「本物」のウルトラマンが製品化されたのです。
残念ながら発光ギミックは背中のスイッチを押しているときだけ有効で、手を離すと消灯してしまいます(画像では背中にセロテープを貼ってスイッチを押した状態で固定してます)。
また、オヤヂにはわからない他のギミックがありますが、ナニか違うアイテムを購入しなければならないようで、そんなモノはスルーしました。
今後の商品展開が楽しみですが、とりあえず6兄弟を揃えてみたいです。
なおヨメはん曰く、対象年齢が3歳以上・46歳以下なので、σ(^^;)は買ってはダメだそうです…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

牛丼を作る

牛丼を作ってみました(≧▽≦)
レシピはweb上にいくらでもコロがっているので、そのウチのいくつかを参考にしました。
8人前で作りました。
牛肉は安物のコマ切れを700グラム使います。
吉○屋風にするなら、牛肉はアメリカ産か国産を使います。
タマネギ2個を大き目に切って、顆粒のカツオだし(小袋半分ぐらい)を溶かした700ccの水で煮ます。
タマネギが透明になる前に牛肉を鍋に投入、そのときに酒もテキトーに入れます。
次に砂糖と醤油を入れます。
甘目の味付けにしておいて、甘すぎるときには醤油を足して行きます。
好みの味になったら、スリおろした生姜を入れます。
火を止めて暫く「放置」しておくと、味がよくなじみます。
丼の御飯にかければ、出来上がり。

130718
↑ネギタマ牛丼にしてみました。美味しく頂きました。

ネギののせすぎで肝心の牛肉&タマネギが見えません_| ̄|○。
ちなみにチビ共はキムチをのせるなど、好き勝手に食べてました。
味噌汁はダイコンとニンジン、うすあげの白みその味噌汁です。
和からしを少しだけ溶かすと風味が引き立ちます。
ゴーヤは甘辛いタレと合わせました(コレはヨメはん作)。
牛丼なんか吉○屋に行けばフツーに食べられますが、ぢつはヨメはんが牛丼がキラいで(って言うか、脂身が好きではないらしい)一緒に牛丼屋に行ったコトがありません。
σ(^^;)の作ったヤツは食べられるのですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

スーパーカー!

スーパーカー!と言っても、京阪2000系やSKY PerfecTV!ではありません(≧▽≦)。
その昔、爆発的なブームを起こした、あのスーパーカーです。
ちょうど直撃世代のσ(^^;)にとっては、ほとんど「刷り込み」に等しい出来事で、当時はスーパーカー消しゴムなんかを集めてたり、枚方パークへスーパーカーショーを見に行ったりと「標準的な」少年でした(笑)。
当時のスーパーカーの双璧としては、ランボルギーニカウンタックとフェラーリ512BBがありました。
小学校のクラスでも人気を二分して(まぁ、中にはデトマソパンテーラがイイというマニアックなヤツも居ましたが…)ました。
もちろん、「カウンタック派」です。
そんなワケで、積んどくプラモの中にカウンタックのキットが3個ありました。

130715
↑とりあえず、3個だけですが(^^;。

今ならアオシマの素晴らしいキットがありますが、作り易いタミヤのキット(スピード競技用のモーターライズ!!)や相当作り難い(!!)フジミのエンスージアストモデルも捨て難いです。
ホントはデアゴ○ティーニの「週刊 ランボルギーニカウンタック LP500S」が欲しいのですが、お値段(約1,790円×80回)と、そのワリにはドアの開き方が気に入らないとか、置く場所に困るとか、ヨメはんの大反対とかで躊躇しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

七夕ビアトレイン

世間は七夕ですが(≧▽≦)
ムシ暑い日が続いてます。
暑い日は、何と言ってもビールです。
そんなワケで、「電車の中でビールが飲める」という誠に魅力的な企画があるときいたので、参加させて頂きました。
その名も『七夕ビアトレイン』です。

130707_15
↑全行程が載ってます。

とりあえず、近鉄京都駅に集合なので、そのようにしました。
まずは、水分ならぬ鉄分を補給(←いきなりかいな)。

↑丁度トワイライトエクスプレスがやって来ました。

130707_2
↑できればこっちに乗ってみたい…。

受付を済ませ、ホームで待っていると、やって来ました。

130707_3
↑見慣れぬ車系(手前)の電車ですが。

トイレ付きのロングシート車が、わざわざ名古屋線から「派遣」されて来ました。
近鉄に疎いσ(^^;)はイマイチわかりませんでしたが、かなり珍しいコトらしいです(汗)。
乗車してすぐに乾杯&弁当です。

130707_4
↑期待に違わず、美味しいお弁当です

既に「お約束」となった『あら竹』 の特上牛肉弁当です。
ちなみに車内で供されるビールは缶ビールではなくて、ビールサーバーから注がれる本格的なモノです。
勿論、スゴく美味しいです。

続きを読む "七夕ビアトレイン"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »