« 機関区、完成\(^o^)/ | トップページ | 造幣局 桜の通り抜け »

2013年4月16日 (火)

完成品・キット組立・小改造でまとめた急行津軽のフル編成(5)

やっと完成しました、急行「津軽」のフル編成(≧▽≦)
但し、出来栄えは「昭和のクオリティ」ですが…。

130416_1
↑ケースに入れました。

TMS増刊 PLAY MODEL '79 SUMMER を全面的に参考にしました。

130416_2
↑オユ10。

スユ14キットを組んだモノで、台車はストック品の古いTR50です。
クーラーとベンチレーターを移設して、オユ10らしくしました。
完全に「なりすまし」ですが(笑)。

130416_3
↑スハフ42(1,12号車)。

キットを組んだモノで、1号車はアルミサッシ化、最後尾の12号車はチョー古いスハニ35の妻板を流用して、貫通扉を閉めた状態を再現、カプラーをダミーにしました。
2両とも近代改装車でアルミサッシ化するのがフツーですが、サッシュにシルバーを入れるのがメンド臭いので1号車だけアルミサッシ化したというのは、ヒミツです。

130416_4
↑スハ43(2,11号車)。

キットを組んだモノで、トイレ窓を白色・曇りガラスで差異を付けました。
全くの素組みです。

130416_5
↑オハネフ12(3号車)。

ナハネ10のキットの扉を交換して、冷房化しました。
結果的にトイレ窓未改造の形態になりました。
アーノルドカプラーは長柄のモノに交換。


130416_6
↑スロフ62(4号車)。

以前と違ってPLAY MODELに「忠実」に、スロフ81のキットのヨロイ窓を除去したモノです。

130416_7
↑オロネ10(5号車)。

ナロネ21(関水)の初期製品の改造で、客用ドアはスロフ81から、行先表示器をパテで埋めたモノ。
上手く化けたと思っていますが如何でしょうか。


130416_8
↑スハネ16(6,7号車)。

キットを組んだモノ。屋根の色を違えてあります。

130416_9
↑ナハ10(8号車)。

キットを組んだモノ。

130416_10
↑オハ35(9号車)。

トミックス製品にウェザリングをしたモノ。
車輪は金属製に交換。

130416_11
↑オハ47(10号車)。

スハ43のキットを組んで、台車をTR23のつもりのDT13に変更したモノ。

共通の仕様として、キット組立て車の床下機器はダイカスト製、ディテールアップなどは全くしておらず(!)、車番は特定番号では無くテキトーにインレタから拾いました。
サボはGMの客車用ステッカーから「青森行き」をチョイス(え!?そうは見えない?)しました。
キャンバス屋根の車両は、一部でキャンバスの継ぎ目を表現してあります。
マニ37は未完成で、12系客車も未だ加工は行っておりません。
でも一応旧客は完成したので、ケースに凝ってみました。

130416_12
↑「基本セット」と「増結セット」?

130416_13
↑合体!

ちなみに『合体』はアオシマの登録商標です(笑)。
で、そんなこんなをしているウチにヨメはんが買い物から帰ってきました。

130416_14
↑バナナオレ。

「絶対に好きやろうと思って」と、買って来てくれました。
もちろん大好きです(爆)。
美味しく頂きました。

|

« 機関区、完成\(^o^)/ | トップページ | 造幣局 桜の通り抜け »

キット」カテゴリの記事

国鉄」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

いいですね。

見ているだけでも、昭和の臭いが漂ってきそうな味が出ていますね。

親父的な感想ですが、未来感がある今のデザインよりも、昭和時代の車両が持つデザインの方が好きです。

投稿: 親父 | 2013年4月16日 (火) 21時31分

親父 さま。

いつもありがとうございます。
キットの素組みなので、現在のNゲージに要求されるレベルとは次元が違いますが、やっぱり旧客はいいモンです。
最近のステンレスやアルミの無塗装で「顔」だけが違う車両に比べれば、何か安心感があります。
「昭和の匂い」を感じて頂ければ幸いです。

投稿: てつ@お父さんの困った趣味日記(≧▽≦) | 2013年4月18日 (木) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153512/57185570

この記事へのトラックバック一覧です: 完成品・キット組立・小改造でまとめた急行津軽のフル編成(5):

« 機関区、完成\(^o^)/ | トップページ | 造幣局 桜の通り抜け »