2022年5月19日 (木)

原色の103系

昔の9mmゲージで遊ぶシリーズです(≧▽≦)
先月の運転会のフリマでの戦利品です。
ちなみに戦利品とは一般的に「勝利して得た物を指す用語」だそうですが、どちらかと言うと物欲に負けたので厳密には戦利品とは言えません(汗)。
誰もが持っている(?)関水金属の103系です。
クモハ103(動力車)・サハ103・クハ103の3両を格安で手に入れたので、好き勝手にします。
以前作った片町線風福知山線風の103系と同じコンセプトです。

220519
↑まだ車体を塗っただけですが。

まずはサハですが、クモハとユニットを組むので床下機器や台車をジャンクパーツを使ってモハ102へ転生させました。
クモハの幕板にはグリーンマックスの103系のキットのモノをレジンコピーした冷却風取込口を取り付けました。
塗装は関西本線風の「ウグイス」ですが、元々「カナリヤ(黄色5号)」の製品を使ったので、正面の黄帯をマスキングしてタミヤカラーアクリル塗料ミニX-15「ライトグリーン」をそのままエアブラシで吹きました。
派手な色になりましたが、関西線の電車に見えるので良しとします。
細部の色入れがまだです。

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

EF71&ED78と485系

運転会のフリマでの戦利品(?)です(≧▽≦)
ちなみに戦利品とは一般的に「勝利して得た物を指す用語」だそうですが、果たして勝ったのか負けたのかはわかりません(笑)。
まずは、マイクロエースの古いEF71&ED78ですが。

220503-1
↑4両揃って。

EF71とED78は昭和に発売された製品ほぼそのままで、現在でも継続して発売されているモノです。
σ(^_^;)も当時の発売直後から買い足して(お店でよく投げ売りされてました)、割と結構な数を持ってます。
でもフリマとかで安売りされていると、つい買ってしまいます(←悪いクセ)。
今日では他社から素晴らしい製品が発売されてますが、なぜかこのマイクロエースの製品が好きで買ってしまいます。
以前はカプラーやスカートを交換したりと苦労してましたが、今回はスノープロウの取り付けだけで、カプラーもそのままです。
そのスノープロウも古いTOMIXのEF62用をゼリー状瞬間接着剤と補強の真鍮線で固定しています。
スノープロウを取り付けただけでもカッコよくなります。
「あけぼの」のヘッドマーク(TOMIXの電機の余剰品)を取り付けたED78はゴムタイヤのゴムが劣化していたので、ジャンクパーツのゴムタイヤなしの動輪に交換して、主にEF71と重連で使おうと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

第21回 関西Nゲージ合同運転会 開催

3年ブリの開催です(≧▽≦)

220424-1
↑いやぁ、ホントに久しぶりです。

マスクや消毒など万全の感染症対策を行ったうえでの開催です。

220424-2
↑早速レイアウトの組立。

参加人数が少なくて、レイアウトの規模もいつもより小さいです。
それでも全力で遊びます。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2022年4月21日 (木)

ミルクゴンドラ車

ナニか、尻に火が点いているみたいですが(≧▽≦)
Nナローの自走客車に牽かせるために、急遽貨車を作りました。
思い付いたのが昨晩で、ストックしてある部品や車両が使えるかを考えて、割と必死に作りました(笑)。
ただの無蓋車ですがミルク缶を載せているので、ミルクゴンドラ車のつもりです。

220421
↑ミルク缶を載せました。

ロクハンのコキ106を短縮した下回りに、鉄コレの無蓋車の幅を詰めたモノを合体させました。
ミルク缶は2ミリプラ棒をドリルレースした原型を型取りしてレジンで複製したヤツを載せました。
形はテキトー過ぎますが、ミルク缶に見えます(多分)。
自走客車に牽かれて小さなコレクションボックスレイアウトをクルクルと「快走」しています。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

ダイソー コレクションボックス レイアウト 、再び

調子に乗ってもう1台作りました、超小型レイアウト(≧▽≦)
今回は前作と比べて、簡単です。
昨日の夜勤明けから作り始め、今夜完成しました。
異例の速さです。

220418-1
↑ダイソーのコレクションボックスに入ってます。

以前作ったNナローの自走客車を走らせるためだけに作りました。

220418-2
↑雪景色。

北海道の簡易軌道のつもりなので「原野」です(笑)。
だからストラクチャーは鉄橋だけです。
雪景色は、ずいぶん前に作った知世ちゃんと同じ作り方です。
やっと今、経験が生かされました(汗)。


| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

ダイソー コレクションボックス レイアウト 完成ヾ(*´∀`*)ノ

やっと完成しました、超小型レイアウト(≧▽≦)
1/150のNナローのレイアウトです。

もとはと言えば、津川洋行の日車タイプ2軸気動車組み立てキットを使ったNナローの電車を作ってしまったのがきっかけです。
100円ショップ「ダイソー」の通販サイトで簡単にコレクションボックスが買えるようになったのも、大きな原因ですが。
この小さい電車を走らせるためだけに作りました。

220409-1
↑in ケース。

最初にコレクションボックスの土台を大理石風に塗装するトコから始めました。
塗装方法は「ガンプラ 大理石」で検索すると出てきますので、詳しくは割愛します。
レールはロクハン製品を使用し、給電のためユニトラックのフィーダーをレールに直接はんだ付けしてKATOのパワーパックで運転できるようにしました。

ポイントはロクハンのポイントマシンのコードのコネクターを魔改造してKATOのポイントスイッチに接続して転換できるようにしました。

220409-2
↑on レイアウト。

カバーができるのでホコリ対策は万全ですが、とにかく小さいので苦労しました。
ストラクチャーを置いたり草を生やせば、いとも簡単に建築限界を超えてしまい車両に接触します。
電柱や消火栓、その他全て電車スレスレです(汗)。

220409-3
↑併用軌道を行く。

密度を高めるために細かいアクセサリーを追加しました。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2022年3月30日 (水)

伊勢参り

今年に入ってから、良いコトがありません(≧▽≦)
正月の初出勤の時に乗っていたバスがオカマされ遅刻寸前、運転免許証の更新に行くとシステムダウン、チビ1号が何年かブリに海外から帰国する飛行機の中でコロナ感染(おかげさまで軽症でしたが)、高速道路走行中にパンク、などなど。
σ(^_^;)の日頃の行いのせいかも知れませんが、ココは神頼みに行くしかありません。
そんなワケで、お伊勢参りに行きました。
今回は作法通り(?)に外宮→内宮の順にお参りしました。

220330-1
↑外宮から行きました。

春休みのせいか、人出が多いと思いました。
参拝を終えて、内宮へ。
駐車場はほぼ満車でした。

220330-2
↑五十鈴川沿いの桜は見頃。

220330-3
↑イイ天気でした。

お参りが済んだら、お楽しみのおはらい町へ。


» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年3月29日 (火)

ノスタルジック鉄道コレクション第2弾 短足解消(笑)

また、ノスタルジック鉄道コレクション第2弾です(≧▽≦)
昨日加工したキハ203ですが、あまりに「短足」なので再加工しました。

220329
↑ビフォー→アフター。

押し入れから鉄コレの動力ユニットTM-01を発掘しました。
動力ユニットのプラ製の床板の前後を切り詰めてハメ込んでみました。
あ、車両の窓ガラスのツメ等は切り取りましたが、簡単にハマりました。
動力に関係する箇所は全く触ってないので、走行性能に支障はありません。
コレで短足感が解消されました。
オーバーハングが短過ぎるので、カプラーはバネ無しの状態で取り付けました。
台車がテキトーですが、また何かイイのがあれば交換したいと思います(その後、旧型気動車用のTR29に交換しました)。
岩手開発鉄道キハ202みたいでカッコ良く(?)なりました。

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

ノスタルジック鉄道コレクション第2弾ですが…。

ノス鉄第2弾です(≧▽≦)
今回は箱買いしました。
車体の長いキハが4両入っていて、2軸では何となく違和感がありました。
なので、ボギー化しました。

220326
↑試作1号機(笑)。

予め改造しようと企んで、ストックしてあった路面電車用動力ユニット「TM-TR01」を組み込んでみました。
ボギーセンター間を車体に合わせて調節して、カプラーが取り付けられないので、余っていたダミーカプラーを取り付けてみました。
路面電車の小径車輪なので短足感(?)は否めませんが、2軸よりマシになったと思います。
残りの3両も同じように改造したいのですが、動力ユニットがお高くて(泣)。

| | コメント (0)

2022年3月24日 (木)

ダイソー コレクションボックス レイアウトを作る

調子にのって作っています、超小型レイアウト(≧▽≦)
Zショーティー用線路を使った、1/150ナロー 6.5mmのレイアウトです。

220324
↑鋭意製作中!!

スペースが小さ過ぎて、ストラクチャーの配置に苦労しています。
期限(何の!?)までには完成できるよう頑張ります( ノД`)シクシク。

| | コメント (0)

«スバル サンバーバン